職務経歴書で転職が多い場合の印象が良い書き方や例文は!?

一般職の応募に必要な書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

転職が多い場合、何を基準にして

職務経歴をまとめていけば良いのか、

迷うところです。

 

職務経歴書には全ての職歴を記載する

必要はありません。

 

過去の職歴の中から、

これから応募する企業の職種に合った、

実績をアピールすれば良いのです。

 

しかし、転職が多いと言う事は、

「我慢が足りない」「人間関係が築けない」

など、採用担当者が勝手に判断してしまう

こともあるのは事実です。

 

そこで、あなたは転職によるメリット

採用担当者に伝えなければなりません。

 

そのためには、キャリアの一貫性が

必要と成ります。

 

全く関連性のない職種を転々とした

場合でも、そこには共通した関連性が

ある事を見付け出してください。

 

ここでの例として、

転職よって能力が広がった事。

 

そして、それぞれの就業先で実績を

上げてきた事。

 

種々な分野に興味があり、

好奇心が旺盛である事。

 

以上の事を踏まえて、

技術系の仕事を通して、

さらにキャリアアップを図る。

 

そんな職務経歴書の例文を記載します。

 

(サンプルはハローワークの職務経歴書の

冊子より参照しています。)

 

 

 

上記の職務経歴の構成が(キャリア式)と

して記載されています。

 

一般的には(編年体式)と言って、

就業した年月の古い方から記載していく、

と言う方式を採用します。

 

キャリア式は転職が多いため、

編年体式のように1社毎に職務内容や

職務実績を記載していては、ポイントが

絞れない場合に適用します。

 

キャリアを中心にして、

訴えるアピールポイントを技能毎

まとめる事ができます。

 

職歴の社名に関しては、

履歴書の職歴を利用します。

 

ですから、

この例では職務経歴に就業した

会社名は記載していません。

 

このように転職が多い場合は、

自分の訴えるポイントを絞り込んで、

どん能力や技術をどのくらいの期間

経験していたのかを記載します。

 

この際は取得した技能単位でまとまるため、

その技能で数か所の就業先があっても、

「○○年間経験」の経験で済むのです。

 

この記載のしかたで、採用担当者は

一目であなたの技能や能力が分かります。

 

また、この職務経歴書は

一般の構成要素に、必ず付き物の

志望動機や自己PRなどはありません。

 

元来、職務経歴書は、フリースタイル

ですから、あなたの都合の良い構成で

かまわないのです。

 

最初の項目「略歴」の中で、

幅広いスキルを身に付けるために

転職した事。

 

複数社を転職したことは、より高度な

技術と能力を身に付けるためには、

必要な手段であった事。

 

前職ではその技術を買われ指導者として、

活躍した事。

 

この「略歴」の部分が、

一般的な「編年体式」の職務経歴内の

職務内容や職務実績となっています。

 

そして、最後の「仕事への姿勢」として

今までは幅広い技能取得のため転職を

繰り返してきた事。

 

しかし、今後は応募先企業の職種で幅広い

技能から、より深い技能へキャリアアップ

していきたい。

 

と言うことで、職務経歴書のアピールを

終えています。

 

あなたが、転職が多くて書き方に悩んで、

いるようでしたらこの「キャリア式」を

取り入れて独自の職務経歴書を構成して、

下さい。

 

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページが、

ありますので参考にして見て下さい。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

上記の例では転職の数が多い場合ですが、

職種としては一貫している部分が、

あるためキャリア式で記載しやすい

部分があったかもしれません。

 

しかし(営業職 事務職 介護職)など

職種自体が全く違った場合は、

何をキャリアとしてまとめれば

良いのでしょうか。

 

もし、あなたが職種の違う職場を

転々としていた場合は、自分のアピール

ポイントに視点を置いてキャリアを統一

していきます。

 

下記に自分の「能力」「長所」「強み」を

性格や行動特性から、統一したアピール

ポイントを探し出せる項目を記載します。

・積極的

・向上心

・プラス思考

・社交的

・人に好かれる

・粘り強い

・忍耐強い

・思いやり

・協調性

・気配り

・探求心

・臨機応変

 

以上のようにこれらの中から、あなたが

異職種であっても、共通したアピール

ポイントがあれば、職務経歴書に利用

してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました