専業主婦でパート応募の志望動機に書く仕事の経験がない!どうするの?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

専業主婦として家庭で過ごしてきた

場合は、志望動機に書く仕事の経験が

無くても記載できるのか不安。

 

子供に手が掛からなくなり、空いて

いる時間に働きたいと思っている。

 

夫の収入が減り、日中の時間帯に

働きたい。

 

将来の年金が不安なので、

少しでも働ける内に働きたい。

 

応募職種にもよりますが、

採用担当者がパート職に臨む事は、

もちろん健康が第一ですが、

長い間働いて欲しい

 

どの採用担当者に確認しても、

折角採用したからには、

「シッカリ仕事を覚えて

長く働いてもらいたい」につきます。

 

ですから、あなたはこの要件を満たせる

ことを志望動機に記載すれば、

印象もグッと良くなります。

 

志望動機は仕事の経験を元に考える分けでは無い!?

 

 

主婦業が長くて、社会で働く経験が身に

付いていない場合は、応募職種にもより

ますが、不利な事は事実です。

 

採用担当者は社会での経験がない

応募者を採用して、最初に説明しなければ

ならないのは「チームワーク」で仕事を

すると言うことです。

 

家庭内においてはチームワークと言う

表現はあまり出てきません。

 

自分の仕事が空いた場合は状況を判断して

他の人のホローも率先して行い、作業を

進めて行くと言う考え方です。

 

また、「自己管理能力」や「誠意」

言う事も求められるでしょう。

 

職種に関しては「気配り」も大切な要素と

なります。

 

これらの仕事に必要な要素の一部は、

あなたが仕事をしていなくても、

身に付いているのです。

 

「チームワーク」であればPTAでも可能

ですし、町内会の会合や行事でも必要な

ことです。

 

さらに「自己管理能力」においては、

毎朝ジョギングをしていて、自らの体調を

管理し、数値データを入力し変化に対応

している。

 

そして「気配り」に関しては、思いやり、

気が利く、など日常生活の中でもあなた

自身の行動で示すこともできます。

 

仕事の経験でしか培われない事も

ありますが、あなたの日常の経験の中から、

応募職種に見合う要素を探し出します。

 

あなたが応募する職種の事を考えて

見ましょう。

 

一般事務職ですか、スーパーの職種ですか、

コールセンターですか、食品製造業ですか、

何れの職種でも、あなたの日常の生活から

要素を導きだすことが可能です。

 

では、どのように志望動機を作成すれば

良いでしょうか?

 

専業主婦でもポイントを押さえて志望動機を考える!?

 

 

志望動機を構成している項目は、

あなたがどのような理由で働きたいか。

 

さらにあなたの得意とする事は何か。

 

そして最後に応募先企業があなたに

望んでいる事は何か。

 

以上の3要素を組み立てる事で

作成できます。

 

では最初のポイントですが、

あなたはなぜ働きたいと思ったのですか?

 

・子供の手が掛からなくなった

・夫の収入が減り生活費のため

・家のローンの返済

・長らく両親の世話をしていたが必要なくなった

・子供の将来の教育資金のため

 

あなたの本当の理由を書き出して下さい。

 

長い間、専業主婦で急に働くことになった

理由があるはずです。

 

それをそのまま記載してもかまいません。

 

「貴社の製品を長い間愛用していて、

とても・・・」などと記載するよりは、

よほど採用担当者の印象は良くなります。

 

そして次のポイントは、

「あなたが売りとする事

「あなたが得意とする事」です。

 

得意とする事を、

あなたの「強み」と置き換えた方が

分かり易いかも知れません。

 

前述した「チームワーク」

「自己管理能力」「気配り」などが

例になります。

 

上記以外にも下記のような「強み」も

ありますので、あなたが応募する職種に

合わせて選択してください。

 

・積極的(指示されたことだけでなく自ら進んで行動する)

・向上心(いつも現在の状況に満足せず常により上を目指して努力する)

・約束を守る(いつも待ち合わせの時間より10分前には必ず着いている)

・探求心(どんなことでも、より以上の方法がないか何時も考えている)

 

まだ、沢山あると思いますが、

何も仕事の経験から出た「強み」

ではなく、日常のあなたの信条でも

かまわないのです。

 

ただ、大事な事は「応募先の職種に

合っているか」なのです。

 

例えば、一般事務の応募であれば、

その経験が無くとも、

どのような仕事内容か想像が付きますよね。

 

そこにあなたの「強み」を見出して

記載しますと、「自己管理能力」とか、

「約束を守る」などの表現を使用します。

 

そして最後に応募先企業が、

あなたに求める事です。

 

これは最初の部分で説明しました、

「健康で長く勤めて欲しい」です。

 

上記の3点をまとめて文章にすれば、

採用担当者の興味を引き、

経験が無くとも書類選考を

通過すること間違いなしです。

 

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページが

ありますので参考にして見て下さい。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

学生時代はアルバイトをしていたが、

結婚後はしばらく社会との接点が無い

場合も有ります。

 

アルバイトもなく、家事手伝いのため

長年仕事の経験がない人もいます。

 

志望動機を仕事と結び付けてしまうと、

仕事の経験がない人は、働く動機が

無くなってしまいます。

 

全く社会での経験が無くても、

働きたいと思う人はたくさんいます。

 

自分はどのような性格なのか、

日常の生活でも何が得意なのか、

それでかまわないのです。

 

自分の性格の良い部分や得意な事を

応募する職種とマッチングさせて、

志望動機を作成して見てください。

 

きっと、仕事の中で見つける

自分の「強み」より、身近なあなたの

「強み」の方が、採用担当者の印象が

良いかもしれません。

 

自信を持って日頃のあなたの「強み」を

アピールして下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました