アルバイトの応募で履歴書を提出時に送付状(送り状)は必要なの?

アルバイト職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

アルバイトの応募で送付状を、

同封していない人の方が多いと思います。

 

送付状は送り状又は添え状とも

言われています。(企業によって違う)

 

そのため、履歴書に送付状を添えるだけ

でも、「細やかな性格の人」という印象を

採用担当者に与えます。

 

応募先企業にしても送付状が付いている

ために不要なモノとすることはあり得ず、

マイナスになる事は無いのです。

 

そもそも送付状(添え状)とは何のために

必要かと言うと、同封している書類の内容

を案内するための表書きと成ります。

 

ビジネスの世界では当たり前の

マナーとして通用しています。

 

ですから応募書類に送付状が、

付いていなければ、「ビジネスの

ルールがわかっていないな」

みなされます。

 

アルバイトではあっても求人の応募には、

送付状を添付するのがマナーです。

 

アルバイトの履歴書を提出する時の送付状(添え状)の書き方は?

 

 

下記に送付状の例を記載します。

送付状の日付は履歴書、あれば職務経歴書、

封筒の日付と同一日とします。

 

郵送の場合は投函日、持参した場合は

持参した日付にします。

 

左上の宛先は3段で書くのが基本です。

 

応募先企業によっては、部や課が無く

担当者名だけの場合は1段目が会社名で、

2段目に担当者の氏名を書きます。

 

また、担当者名が求人票に記載されて

いない場合は、「採用ご担当者様」

書いて下さい。

 

右側の日付欄の下部分には自分の住所、

氏名そして連絡先を書きます。

 

本文内に赤字で応募した動機の内容を

書いていますが、履歴書内の志望動機欄に

記載があれば必要ありません。

 

しかし、短い文章で応募したキッカケを

記載すると採用担当者の印象が良くなる

こともあります。

 

本文最後から2行目の“同封いたしました

・・・“は実際の同封した応募書類を書き

ます。

 

送付状の用紙のサイズは履歴書に合わせ

たサイズにします。

 

同封する場合は、履歴書の上にこの送付上

をのせて、クリップで止めると良いです。

 

まとめ

 

たった一枚の応募書類に添付された用紙

ですが、これによりあなたの一般常識と

しての姿勢がわかります。

 

送付状本文に「貴社の・・」と言う文言

を使用していますが、企業により名称が

変わります。

 

財団法人、NPO、社団法人・・・>「貴法人」「貴団体」

社会福祉法人、独立行政法人・・・>「貴法人」

協会・・・>「貴協会」

組合・・・>「貴組合」

学校・・・>「貴校」又は大学・短大は「貴学」

幼稚園、保育園・・・>「貴園」

病院、医院・・・>「貴院」

官公庁・・・>「貴省」「貴庁」「貴局」「貴所」「貴役所」

商店、飲食店など個人事業・・・>「貴店」「(事業所名)様」

 

上記の様に応募先企業によって違うため、

参考にして見て下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました