履歴書を書く時の退職理由がパワハラの場合、書く必要あり!?

一般職の応募に必要な書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

パワハラの言動は昔からあったのだと

思いますが、社会的にも取り上げられる

ようになったのは昨今です。

 

職務上の地位や権限を利用した卑劣な

行為ですが、その事を理由に退社する

勇気も大変な事です。

 

パワハラにて退社を「会社都合」とする

事が良いのか、又は「自己都合」として

自分の意志で退社した事にする方が良い

のか、迷うところです。

 

ハローワークの判断で離職理由として

パワハラが認められ、「会社都合」

になって雇用保険の手続きをした場合は、

「自己都合」と記載できません。

 

そこで退社理由として、

平成28 ○○株式会社 入社
令和2 10 会社都合により 退社

と記載するのが一般的です。

 

あなたがパワハラに耐えられず「自己都合」

で退社した場合、一般的には「一身上の

都合にて退社」と成ります。

 

尚、本文中ではハローワークで使用して

いる企業に対する退職を「退社」として

いますのでこちらの文言を使用します。

 

退社理由のパワハラを面接時に説明したくない!どうしたら良い!?

 

 

前述のように、「会社都合により退社」と

しても「一身上の都合により退社」と記載

しても、採用担当者は“どんな理由で辞め

たのか?“と質問します。

 

思い切って「パワハラが原因で退社しま

した」と答えてしまう方がスッキリします

が、問題は採用担当者の印象です。

 

あなたが過去のイヤな経験を忘れて、

新しい企業へ応募したのに、

後ろ向きな発言をすべきではありせん。

 

パワハラの原因を説明したところで、

他人の立場の採用担当者は、あなたに

同情はするでしょうが、採用しても

直ぐ辞めるのではないかと思うのです。

 

退社の理由を聞く場合、ネガティブな

理由では、採用担当者は同じような

理由で早期退社するのはないかと

マイナス要因としてとらえます。

 

あなたが“どうしても話しておきたい”

との考えでしたら、採用担当者を納得

させなければいけません。

 

納得させると言う事は、あなたが以前の

会社でパワハラを受けた事実だけを話す

だけではいけません。

 

パワハラを解消するためにあなたは

どのような努力を行ったのか、を説明し

それでも効果が無いため退社した

 

このように説明できれば、採用担当者も

あなたの努力を認め“そこまで努力した

のに仕方ないね“となれば、前向きに検討

してもらえるでしょう。

 

しかし社内で色々とパワハラに関する努力

をして、冷静に判断して退社出来る人は稀

だと思います。

 

ほとんどの人は理屈も通らず、理不尽な

状態で退社してしまいます。

 

窓口の相談で一番私を悩ますのが、

このハラスメントによる退社です。

 

求職者の方はほとんど皆さんデリケート

な問題なので、他人には分かってもらえず

できれば触れたくないと言います。

 

そこで私はいつも求職者の方に、

退社の説明として一言で自分が、

依然の会社で身に付けた知識や技能

記載してはどうか、と説明します。

 

あなたは辛い思いをしながらも会社で

毎日何らかの仕事をしてきたと思います。

 

何らかの仕事と言っては失礼に

なりますが身に付けたモノがあるはずです。

 

それを探しましょう。

 

履歴書の退職理由に自分の「強み」を書く方法!

 

 

あなたが仕事で身に付けた「強み」を

記載するために、下記にイメージしやすい

キーワードを示します。

 

・企画力(ニーズを分析し戦略を練る)

・先見力(一歩先を考え仕事に取り組む)

・観察力(仕事の流れを注意深く見詰めてミスに気付く)

・情報収集能力(与えられた課題に対する

情報をすばやく検索して収集する)

・理解力(課題をすばやく理解する)

・判断力(難しい状況でも正しい判断ができる)

・交渉力(取引先との交渉での粘り強さ)

・指導力(人の先頭に立って行動する)

・規律遵守力(社内で決められた規範に則り行動する)

・発信力(自ら情報を収集し他の人へ伝達する)

・自己管理能力(日常自分に課せられた計画を実行する)

・状況判断力(トラブルが発生した場合でも状況を冷静に見つめ行動する)

・誠意(お客様とのトラブルにおいて、その立場にたって寄り添う)

・吸収力(他の人より自分に取り入れる情報が早い)

・迅速性(今日できる事は今日実施する)

・正確性(ミスを防ぎ生産性を高める)

・行動力(問題を可決した直ぐ実行へ移す)

 

以上のキーワードを利用してあなたの

「強み」を見つけ出し、退社した時の

理由として記載します。

 

どのキーワードも特別な文言ではあり

ません。

 

いつでもあなたが日頃仕事で努力したり、

目標にしている文言ばかりです。

 

必ず、あなたに身に付いている「強み」

が見つかります。

 

下記に退社理由の行の例を示します。

平成28 ○○株式会社 入社
令和2 10 接客に誠意が必要と学び 退社

 

上記の「接客に誠意が必要と学び 退社」

は、上記のキーワードの文言の何れも当て

はめる事が出来ます。

 

このように1行入れる事で、採用担当者の

目線は、もちろん「誠意」に行きます。

 

そして面接の時には、“どのような意味”と

質問するでしょう。

 

そのようになれば、採用担当者は退社した

理由など忘れてしまい、あなたが身に付けた

「強み」へ説明に流れが変わって行きます。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページが、

ありますので参考にして見て下さい。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

前述しましたが採用担当者は社員を採用する

に当たって常に心配なのは、前職と同様直ぐ

に辞めてしまうのではないか。

 

そのために必ず、退社理由を質問して

採用後も長く働いてくれるかどうかを判断

しています。

 

あなたがパワハラによる退社の説明を避ける

ためには、ウソを説明してはいけませんが、

前職で身に付けた些細なことでも「強み」

して記載する事です。

 

しかし、この職歴のスペースに余っている

からと言って複数行に渡って記載しては

いけません。

 

長い文章は、あなたが履歴書の記載ヵ所を

知らないのではないか?と常識を疑られて

しまいますので、気をつけましょう。

 

上記の例のように、できれば1行内で

納まる文言して下さい。

 

書類選考で有れば、採用担当者に“あれ?”

と思わせるだけで良いのです。

 

後の細かな説明は面接の時にして下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました