パートの応募で志望動機に生活費のためでも良い?書き方は!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

どうせ働くなら同じことをして、

高時給や高日給が良いに決まってますよね。

 

「お金を稼ぐ」ことは非常に強い

モチベーションになる事は、

採用担当者も良く知っています。

 

志望動機に「お金を稼ぐため」では、

ストレートに言い過ぎなので、

「生活費」ならなるほどと納得する

面もあります。

 

そもそもパートで働くほとんどの主婦の

動機としては“家計のため”では

ないでしょうか?

 

志望動機には“家計のため”とあるが、

その家計は何の家計費?

その内容を詳しく記載すると

採用担当者の理解も得やすいです。

 

日々の生活費のため、自宅のローンのため

子供がいれば将来の教育費のため、そして

老後の貯蓄等、どれを取っても強い動機が

感じられます。

 

志望動機で生活費の為だけではダメ!良い印象の書き方!?

 

 

応募先企業の採用担当者が、応募者の

選考基準の一番目は健康

そして二番目は長期にわたって

働いてくれる人です。

 

健康は当然の事ですが、長期にわたって

働いてくれるかどうかなんて

履歴書からは分からいですよね。

 

ですから、あなたの働く強い動機を

記載るのです。

 

それが、子供のためであっても、

お金のためであっても良いのです。

 

持続して働く動機は、

住宅ローンのですと、

1年や2年で終わりません。

 

子供の教育費もそうですし、

老後の貯蓄などいくらかかるか

分かりません。

 

でも、働ける時に働いて少しでも蓄える

これがあなたの強い動機だと訴えます。

 

しかし、この「お金が必要なんです」と

いくら文章で記載しても、

それだけでは採用担当者の方を

納得させられません。

 

お金の動機プラスとあなたが思う

応募先企業の魅力を伝えます。

 

あなたが求人票を検索して、

この募集に行きついた理由は、

お金だけですか?

 

職種にもよりますが、

その企業の求人情報の何かに引かれた

のではないでしょうか。

 

店舗が販売であれば、いつも利用させて

もらっている行きつけの店は、

店員が明るくそして笑顔に引かれる、

そんな店で働きたいと常日頃から

考えていた。

 

お弁当の製造職種であれば、

実家の母が高齢となり家事の準備が

できないので、お弁当を利用している。

 

そのお弁当は高齢者の栄養を考えて

作っており、しかもとても美味しいと

言っていた。

 

以上の二つの要素で志望動機を構成して

記載していきます。

 

例えば、生活費のための子供の教育費と、

販売店の店員募集を考えてみましょう。

 

「子供が高校へ通うようになり、今後の教育費の足しにしたいと思いました。

応募の職種が販売員で、学生の頃アルバイトで2年間土日に販売の経験をしていました。

貴社の店舗はいつも店員の方が、笑顔で明るく接しているのを見て、もし募集が出たら私も共に、働きたいと思っておりました。」

 

生活費が必要なために働くのですが、

「食費にも困る生活のために働きたい」

と記載しても印象が良くありません。

 

あなたの必要な生活費の内容と、

応募先企業の職種に合わせたあなたの

働く姿が、採用担当者の印象を

良くします。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーが守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページが

ありますので、参考して見てください。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

採用担当者は採用した応募者を、

長い時間を費やして教育して、

やっと一人前にするには最低でも

1年はかかると見ています。

 

さあ、これからだと言う時に辞められては、

同僚たちのひんしゅくも買ってしまします。

 

そこで、前述したように長く働き続ける

理由が必要となるのです。

 

その理由が何であれ、採用担当者から見て

この応募者なら前向きに仕事をしてくれる

だろうと判断するのが志望動機です。

 

タイトルとURLをコピーしました