パートの履歴書で本人希望欄に扶養内や勤務時間をどう書けば良い!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

パートの求人では扶養内を想定して

出勤日数とシフト時間を工夫している

企業も見受けられます。

 

全く応募先企業が想定していない条件で、

あなたが本人希望欄へ、「扶養内でお願い

します。」と記載しても受け入れられない

事の方が多いでしょう。

 

私が窓口で、よくこの条件で求職者さんの

希望に応じて、応募先企業に電話連絡

する事があります。

 

採用担当者の返答は意外と受け入れて

くれる事が多いのです。

 

扶養内と言う事と、働く時間の範囲が

決まっているのとは違うため、

年間トータルで考える扶養内の方が、

採用担当者は受け入れやすいのです。

 

まずは、履歴書の「本人希望欄にその旨を

記載して応募して下さい」と言う返事が

かえってきます。

 

本人希望欄に扶養内や勤務時間の希望の書き方は?

 

 

本人希望欄へ扶養以内などと記載すると

働く時間の制限をしてしまうので、

選考に不利になるのではないかと

心配する方もいます。

 

扶養以内があなたの労働条件であるならば

初めから採用担当者に、理解してもらった

上で採用された方がその後のトラブルが

無くなります。

 

応募先企業としては一日の時間の長さより、

長い間働いてもらえる方が良いのです。

 

募集をすると色々な条件のパートさんが

応募してきますから、その中から週3日間

だけの人であっても、他の人と組み合わせが

可能なので重宝されます。

 

本人希望欄に記載する例としては、

「扶養範囲内での勤務を希望します。」

または、あなたが考えている年収金額の

“○○以内を希望します。“も良いです。

 

扶養の範囲内と合わせて勤務時間の希望

ある場合は、その事も記載します。

 

応募先の条件でシフトの時間帯が、10時

から17時の場合、あなたが16時までを

希望することもあるでしょう。

 

この場合も本人希望欄に上記の“扶養以内”

の後に、時間帯も記載しておきます。

 

ただし、時間帯が月曜日は15時迄、

水曜日は14時迄で、木曜日は16時迄

のような記載の仕方はいけません。

 

要望ばかりが細かく多いと、採用担当者は

“融通の利かない応募者だ”と

成りかねません。

 

いくらあなたの働くための条件とは言え

企業側にも限度があります。

 

ではどうすれば良いのでしょう。

 

応募条件内での要求ではないため、まずは

書類選考をパスしなければなりません。

 

細かな事は面接時に詳しく説明する方法を

とります。

 

本人希望欄に記載する例としては、

「応募条件のシフト時間は10時~17時と

なっておりますが、もしもご配慮いただけ

るならば、水曜日は14時迄として頂けれ

ば幸いです。

尚、他の曜日は14時以降でも結構です。」

 

最後の“他の曜日は”に関しては面接の

時にさらに希望としてお願いしてみます。

 

全てを履歴書に書くのではなく、一部の

希望を述べて、詳細は面接にて相談する

方法をとることが採用への道です。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーが守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したパージが

あります参照して見てください。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

家庭内の状況により希望が重なり、

細かく記載してしまうと、応募者が少ない

時は採用担当者も目を通してくれます。

 

しかし、応募者が多数の場合には、

採用担当者は書類選考で不採用にする材料

を探しています。

 

ですから、あなたの希望の全てを記載する

のではなく小出しにして、まずは面接に

いく事を考えましょう。

 

そして、面接の時には他の件も要望して

見てください。

 

あなたの要望を通す代わりに企業側の都合

も聞き入れる必要があるかも知れません。

 

タイトルとURLをコピーしました