転職で履歴書の職歴に退職理由を書かなくて良い方法はあるの!?

一般職の応募に必要な書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

転職で履歴書を記載する時に悩むのは

退職理由を書く事でしょう。

 

履歴書は採用担当者が最初に目にする

書類なので、あなたの退職した理由が

不利になるのでは、と不安ですよね。

 

退職理由は職歴に記載する事が多い

のですが、専用に理由欄として設けられ

ている場合もあります。

 

退職には大きく分けて3つになります。

 

一つ目は自己都合退職

二つ目は会社都合退職

三つ目は契約満了退職となります。

 

上記3つの中で一番悩むのは自己都合退職

ですが、ほとんどの職業相談所では、

一身上の都合により退職”と記載を

勧めています。

 

「退社」と「退職」の両方を使用している

履歴書を見かけますが、ハローワークでは

一般企業は「退社」と記載します。

 

以降は退職ー>退社と記載します。

 

転職の履歴書に退職理由を書く必要あるの?

 

 

窓口の退社理由に関しての質問で、特に

多いのは人間関係で退社したが職歴に

「会社都合」と書いて良いか?です。

 

自己都合退社だと必ずと言って良いほど

面接時に退社の理由を問われます。

 

では、会社都合だと面接時に理由を

問われないかと言えば、その場合も

同じく質問されます。

 

さらに「自己都合」を「会社都合」に

する事により経歴詐称となります。

 

自己都合による退社の理由が明らかに

“やむを得ない退社”と記載されて

いれば採用担当者の印象も良くなります。

 

例として、

親の介護による退社

結婚、出産による退社

転勤による退社

そしてキャリアアップによる退社

 

これらに関しては採用担当者の理解が

得られる退社理由となります。

 

面接で退社理由を聞かれて説明に

窮したと言う話をよく聞きます。

 

退社理由で自己都合の場合は、

採用担当者は“なんの理由で

辞めたのか“と疑問を持ちます。

 

この何の理由でとは、“人間関係による

トラブルが発生“、または”上司と

意見が合わず“と勝手に想像します。

 

辞めたのは事実ですから、会社都合や

契約満了で無い限り、自分から辞めた

ことに違いはありません。

 

採用担当者に履歴書だけを見て、

勝手に悪い方向へ想像されるのでしたら

退社の理由を書いておくべきです。

 

転職の履歴書に書かなければならない退社理由は!?

 

 

退社理由の中でも自分に非が無い場合の

「会社都合による退社」に関しても、

それだけでは採用担当者には理由が

わかりません。

 

会社都合退社であれば何でも、

会社の都合で退社とは限りません。

 

採用担当者は理由が書いていない限り、

戦力外通告(野球では無いですが)

により退社させられたとみる場合も

あります。

 

そこで「会社都合」の場合は、

「倒産により退社」

「大量離職による退社」

「リストラによる退社」

など、分かっている理由は記載します。

 

また会社から「自己都合退社」と言われ

たが、ハローワークにより「会社都合」

と認められる場合も有ります。

 

下記の場合はハローワークの窓口で相談

して見ましょう。

 

  • 退社前6カ月間の残業が多い場合
  • 給与が85%以下に減額された。
  • 給与の遅延またはストップの場合
  • 採用時の契約と内容が違っていた。
  • 会社自体が法令に違反していた。
  • セクハラ、パワハラによる場合

 

上記の場合はハローワークが承認すれば

「会社都合退社」となります。

 

しかし、この事実を退社理由として

履歴書に書く場合は注意が必要です。

 

あなたが当然の理由として上記項目で

「会社都合」となった場合、その記載

によっては応募先企業側では不信感

抱くこともあります。

 

“会社の内情を外に漏らすので、

当社のことも同様に他言される。“

のではないかと思われてしまう事です。

 

いくら事実とは言え採用する側の

担当者には印象が良くないでしょう。

 

その場合は「会社都合による退社」と

して記載します。

 

そして面接時に質問された場合、

前職の悪口とならない程度に説明します。

 

転職の履歴書で職歴に空白がある場合はどうする?

 

 

転職を繰り返している場合、空白期間が

出てしまう場合があります。

 

就業と就業の間の空白期間とは、

およそ6カ月以上と言われています。

 

採用担当者とすると特別な理由もなしに

長期間の就業に就かない空白は、

不安を持ってしまいます。

 

一番の懸念は社会人として直ぐに働ける

だろうかと言う事です。

 

もしその期間に理由があれば記載します。

 

目的があって空白になった場合には、

病気などがあります。

 

この場合は下記の様に記載します。

平成26

4月

 ○○株式会社 入社

令和元

6月

病気治療のため退社(○年○月現在完治)

 

資格等の取得のための空白期は、

平成26

4月

 ○○株式会社 入社

令和元

6月

簿記取得のため退社(○年○月資格取得)

 

アルバイトを複数連職していた場合

平成26

4月

 ○○株式会社 入社

令和元

6月

会計事務を取得して退社
(以後現在までフリーランスで活動)

 

この場合は退社時の理由を“一身上の都合

にて退社“とせず、前職で身に付けた知識

を記載してアピールしています。

 

これにより、フリーランスで働いていた

場合にも、採用担当者にどんな活動を

していたかと言う含みを持たせています。

 

空白期間に就業していない場合でも、

その期間に社会活動で身に付けた事を

見つけ出してアピールします。

 

まとめ

 

転職の場合は必ず前職の退職理由を

聞く事は採用担当者の決まりと

なっているようです。

 

自己都合で“一身上の都合により退社”

何度も書類選考で不採用となって

しまっている時には理由があります。

 

採用担当者があなたの職歴の転職回数や

退職理由に疑問がある場合です。

 

一度退社理由を「一身上の都合・・・」

ではなく、前述の就業空白で記載した

方法を試してみてください。

 

あなたが前職で身に付けた知識や技能を

ポイントで記載して退社とします。

 

採用担当者は他の応募者が皆「一身上

の都合により退社」しているのに、

あなただけが違う事に好印象を持ちます。

 

タイトルとURLをコピーしました