パートの応募の職歴で忘れた会社がある!記載しないと詐称になる!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

長い間一つの会社に勤めていて

転職するため久しぶりに履歴書を

書こうと思っていると過去の職歴で

期間が分からない。

 

まあ良いかとはなりませんよね。

 

会社名は覚えているが入社年月、

退社年月があいまいだ、と言う事は

誰にでもある事です。

 

履歴書なんてそうそう書くものでも

ないし、辞めた会社の事など

覚えてもいない。

 

それが普通だと思います。

 

しかし、履歴書を書くことになれば、

適当は許されません。

 

経歴詐称などと言う言葉もチラホラと

浮かんでしまいます。

 

覚えていなくて記載しなくても

経歴詐称とはなりません。

 

多くの場合経歴詐称となるのは、

無いものを追加する事です。

 

ですから、あなたが古い就業先を

忘れていてもそれは意図的では

ありませんので罪になりません。

 

古い会社の職歴を思い出せない?記載しないのはダメ!?

 

 

一般的には6カ月以内の職歴は

記載しなくても良いとされています。

 

短い就業期間でも応募する企業に経験を

アピール出来るのであれば、

書いた方が良いでしょう

 

6カ月以内の就業が3~4か所と

続いた場合はその都度入社、退社と

繰り返すよりも、まとめて「○○年〇月

より○○年〇月まで4社にてパートを

経験しました。」でもかまいません。

 

履歴書だけではなく職務経歴書を添付する

のであれば、自由に記載する事ができます。

 

履歴書の職歴と志望動機欄だけでは

十分なアピールを出来ない場合が

あります。

 

そんな時は、職歴に少しでもスペースを

開けて、前述のように応募職種に

関連しない会社をまとめて書くのも

有りです。

 

1年以上の就業は職歴欄に書くべきですが、

10年以上前の就業の入社年月と退社年月を

なんの資料も無く思い出すのは大変です。

 

全く覚えていない場合は、次項で調べる

方法を説明しますが、それでも判明しない

時は、正直に職歴の欄へ記載します。

 

「この期間にパートにて就業」と判明

している就業先と、次の就業先の間に

記載します。

 

もし複数社有るとすれば「この間に複数社

にて就業」とします。

 

面接の時に説明するよう言われたら、

正直に、短期間に複数社でパートを

した事を告げると良いでしょう。

 

正直に記載する事で印象は悪くならない

ので、勝手に省力するよりは良いです。

 

採用後、パート職の職歴を調査する事は

めったにというか、ほとんどありません。

 

しかし、あなたが古い就業先の

入社年月や退社年月を思い出せず、

職歴欄から省略してしまった場合。

 

窓口で相談を受けた求職者の方の

話ですが、その方は古い職歴を

記載しませんでした。

 

他に複数の転職があったので、

一部を省略してしまったのです。

 

採用後、企業に履歴書に記載が

無いことが、分かってしまいました。

 

そのため退社する事になって

しまいました。

 

理由は同僚とたわいもない世話話を

している時に古い就業先での事を

漏らしてしまったのです。

 

その話が採用担当者の耳に入り履歴書と

照合すると書いていないので聞かれた

そうです。

 

採用担当者には「日付がハッキリ

ないので、省略した」事を伝えた

そうです。

 

それで問題は解決したのですが、

その後周りの人から無視されるようになり、

いづらくなり退社となったのです。

 

職歴を省略したために折角採用された

企業を退社する事になり大変後悔した

そうです。

 

では、どうすればそんな古い就業先の

入社年月や退社年月など分かる

のでしょうか?

 

職歴に記載したいけど期間が分からない?調べる方法は!?

 

 

調べる方法はあります。

 

日雇い労働として都度賃金が払われていた

場合は履歴が残りません。

 

アルバイトの場合も短期は難しいでしょう。

 

< 調べる方法その1 >

 

会社に入り週労働時間が20時間以上で、

1カ月以上の就業が可能な場合は、

雇用保険に加入する事になります。

 

そのためハローワークにはその履歴として、

雇用保険で入社と退社が分かります。

 

住んでいる住所のハローワークにおいて、

自分を証明するものを持参して

雇用保険被保険者資格取得届出

確認照会票」を記載して提出します。

 

 

< 調べる方法その2 >

 

採用された会社で社会保険へ

加入していれば、日本年金機構で

加入期間の内容を調べます。

 

年金記録照会申出書 ~ 年金記録に漏れや誤りの心当たりがあるとき~

上記の年金記録照会申出書を

ダウンロードして管轄の年金機構へ

提出します。

 

これで厚生年金・国民年金等の記録照会

可能です。

 

 

< 調べる方法その3 >

 

会社で年末に源泉徴収票が社員に

渡されます。

 

これを保存してあると給与を

支払った会社名が書かれています。

 

雇用期間は書かれていませんが、

その会社へ連絡する事により

在職期間を確認する事ができるでしょう。

 

しかし以前の会社へ確認する方法は

個人情報保護法により、企業によっては

本人確認が必要となり、スムーズに

いかない事もあります。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーに則っていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページがあります。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

転職回数が多い場合は頻繁に履歴書を

提出する機会があるので、比較的覚えて

いる場合が多いです。

 

以前の履歴書も保存しているでしょう。

 

問題なのは何年間も家庭に入り、

しばらくぶりに履歴書を書いて

応募しようとする時です。

 

雇用保険は比較的短期間の就業でも

細かく履歴が保存されています。

 

正確な年月が必要な時は利用して下さい。

 

中途半端な職歴で応募すると

いつ間違いが見つかるかと恐れながら

仕事するはイヤですよね。

 

タイトルとURLをコピーしました