パートの履歴書の職歴で書きたくない会社を省略したら問題あるの?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

履歴書の職歴に退社した会社名だけを

書くと、必ず面接の時に「どうゆう

理由で退社したの?」と聞かれます。

 

窓口に来られた方でパートの就業先で、

人間関係が問題で退社してしまったので、

いまさら理由を説明したくない。

 

その会社を履歴書に書くと質問

されるので、省略してもかまわないか?

 

古いパートの就職先でしかも就業期間が

半年以内であれば省略してもさほど問題に

ならないでしょう。

 

しかし、前職で失業保険を掛けていては、

省略は難しいです。

 

応募先企業に採用になった時は、

「雇用保険被保険者証」を提出します。

 

この記述の中に企業名が

書かれているので、履歴書と

違っていれば面倒な事になります。

 

では古ければ記載しなくても良いのか?

 

半年以上の就業であればパートや

アルバイトであっても職歴として

記載すべきでしょう。

 

ただ、多すぎた場合は途中のパートを

省略されていても罪にはなりません。

 

省略は良いのですが、追加は履歴詐称

なってしまいますので気を付けて下さいね。

 

パートの履歴書の職歴で退社理由がトラブルのためは省略可能?

 

 

あなたがパートの職歴を省略したい理由は

記載してしまうと、その会社の退社に

関しての質問があるからなのでしょうか?

 

退社理由には会社の都合による「会社都合」

とそれ以外の「自己都合」に分けられます。

 

契約社員の場合の期間満了は

「会社都合」となり、期間途中での

退社は「自己都合」となります。

 

「会社都合」は採用担当者が見ても

納得できる理由が多いです。

 

しかし、問題は「自己都合」の場合で

結婚よる、出産による、夫の転勤による

以外の理由による退社です。

 

上記の自己都合退社は、採用担当者には

納得できる理由となります。

 

問題はそれら以外の個人的な理由ですね。

 

職業相談所の相談員の方は当たり障りの

無い、「一身上の都合により退社」と

記載するように判で押したように

伝えています。

 

これでは採用担当者に「退社した理由は

なんですか?」と聞いてくださいと

言っているようなものです。

 

採用担当者が考えている退社理由とは、

辞めたキッカケ(原因)は何か

言う事です。

 

どのように職歴に記載しても辞めたのは、

事実なので面接時に質問されるでしょう。

 

同じ記載の仕方でも、採用担当者の興味を

他の方向へ向ける方法があるはずです。

 

採用担当者は就業先で、あなたが

身に付けた知識や技能を問うている

のではありません。

 

採用担当者が恐れているのは、

「用後トラブルを起こして

辞めるのではないか?」と言う事です。

 

下記に一般的な職歴の退社理由です。

(赤字は目立つためにしています。)

 

3か所とも判で押したように、“一身上の

都合にて退社“となっています。

 

あなたもこの職歴を見て「一身上の都合

・・・」ってどんな都合?と疑問に

思いませんか。

 

そう思ってしまいますよね。

 

数少ないアピールするための行を、

同じ文言でつぶしてしまっては

もったいないです。

 

その上聞かれたくない質問まで

されるのでは、面接でも憂鬱になって

しまいます。

 

嫌な事を質問されないためにも、

この行をアピールに利用しましょう。

 

履歴書の職歴で退社理由を聞かれない方法はあるの!?

 

 

履歴書を通じて採用担当者に他の応募者

より少しでも目立せるためには、

あらゆるスペースを利用しましょう。

 

前述で“一身上の都合にて退社”は必ず、

面接で質問されると書きました。

 

採用担当者に確認した事ですが、“一身上”

“自分の都合”となり、“自分の意志で

勝手に辞めた“に通じるようです。

 

ですから、採用担当者は「なぜ

勝手に辞めた」のか、聞きたがるのです。

 

採用担当者の多くの人は、本当は

退社した時点での理由などあまり

聞きたくはないのです。

 

大切な事はあなたが採用後当社で、

問題を起こす事無く健康で、知識や

技能を積み重ねて、長い間働いて

もらいたいだけなのです。

 

そこでトラブルによる退社でも、

採用担当者に目先を変えて、あなたに

興味を持ってもらう方法を考えましょう。

 

“一身上の・・・”で単一化した表現を

しないで、あなたがその就業先で

身に付けた知識や技能を、探し出して

アピールします。

 

例えば1年間のパートでスーパーの

バックヤードで総菜の担当をして

いたとします。

 

今回応募する企業の職種は

「高齢者への弁当配達」だとしましょう。

 

一見あなたの過去の職種と関係が

無いように見えますが、総菜と弁当は

関連性があります。

 

では総菜のなにをあなたの「強み」

とすれば良いのでしょうか。

 

「食材を一番美味しい状態で

揚げる事を取得」したとしましょう。

 

あなたが総菜を担当している人なら、

当たり前の事なのでしょう。

 

でも、採用担当者は一般的に詳しく

そのような事は知りません。

 

履歴書の職歴に退社理由を

「一身上の・・」と記載しないで、

上記のあなたが取得した知識や

技能を記載します。

 

そうする事で採用担当者はあなたの

以前の職種で身に付けた技能に、

興味を持つでしょう。

 

興味を持ってもらえたら、面接の時には

前職の辞めた理由より、あなたの

「総菜の知識や技能」の質問をする事に

なります。

 

下記にその例を掲載します。

どうでしょうか、「一身上の都合・・」

より、応募者に興味がわきませんか?

 

いくら、あなたの身に付けた知識や

技能を記載すると言っても、一行に

納まる程度で良いのです。

 

複数行に渡ってダラダラと記載すると、

効果がマイナスになってしまいます。

 

採用担当者は、そんなに書きたいことが

あるならば職務経歴書に書けば良い。

 

となり、あなたの事を「履歴書の項目の

意味を理解していない人だ」となり、

印象も悪くなるので気を付けましょう。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明します。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

円満退職であれば問題もなく堂々と職歴に

記載できますが、思い出したくない

人間関係で退社した場合は気が重い

ですよね。

 

前述したように理由を書かなければ

スッキリした気持ちで面接を受ける事が

出来ます。

 

記載しなければならないのであれば、

いかにして採用担当者の気をそらせるか?

と言う事になります。

 

半年以上の職場の経験があれば、

些細な事でもあなたの身に付いた

知識や技能を探し出して記載しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました