履歴書の職歴でアルバイトは書かない方が良い?パートの短期は!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

パートやアルバイトを職歴に書くのは、

採用担当者の印象がマイナスになると

考えている人もいます。

 

一部上場企業の中途採用に応募する

場合ならパートやアルバイトが多いと

イメージが悪くなるかも知れません。

 

しかし一般的に働いた事が

マイナスになるなんてありません。

 

それは職業に対する冒とくです。

 

あなたがどんな職種の仕事をしても、

犯罪に加わったなら話は別ですが、

胸を張って職歴に記載するべきです。

 

しかし職歴が多くパートやアルバイトが

3カ月以内で有れば省略してもかまいません。

 

履歴書の職歴にアルバイトやパートを記載しない場合は!?

 

 

前述したように3カ月未満の就業は記載

しなくてもかまいませんが、

他に就業経験が無い場合は記載しましょう。

 

ただ、3カ月未満の就業が続いた場合は、

まとめて記載する事も可能です。

 

その例として、

上記、最終行の例の様に短い就業が続いた

場合は複数社と記載し、身に付けた事を

記載すると印象が良くなります。

 

学生時代にアルバイトをして卒業後も

その企業で働き続けていることもあります。

 

その後退社した場合は、

卒業後のアルバイトだけを記載します。

 

学生時代は学生=職業なので、在学中の

アルバイトの記載は必要ありません。

 

しかし志望動機欄などで長期にわたる

就業をアピールする時には記載すべき

でしょう。

 

パートやアルバイトの職歴に書く書き方は!?

 

一般企業の場合、職歴で入社、退社と

記載しましたが、学校、病院、役所は

「入職」となります。

 

銀行は「入行」と記載します。

 

学校や病院で「入社」として不採用に

なる分けではありませんが、「入職」

と書くことで“採用担当者は細かな

心遣いが出来る人だ”となります。

 

それでは下記に一職歴に記載する

パートの例を表示します。

アルバイトの場合はパートを置き換えます。

 

上記の例で「株式会社K」の入社、退社

の記載方法が一般的です。

 

応募書類が履歴書だけで職務経歴書が

無い場合は、職歴のアピールポイントが

少ないため、「株式会社J」の退社例

もあります。

 

パートやアルバイト職であっても

自分が学んだ知識や技能をしっかり

説明して少しでもチャンスを広げて

行きましょう。

 

まとめ

 

私が窓口で求職者の方の相談に当たって、

正社員の職を退社した後に、アルバイトや

パート職に就いた人が、意外と職歴に

記載する事を嫌う傾向にありました。

 

応募する企業が正社員の場合、

パート職を記載しない事が

有利と思のでしょう。

 

もし、記載しないとなればその間は

空白と成り、面接の時に空白部分は

必ず聞かれますので、説明する時に

不信感が生まれてしまいます。

 

パートであってもアルバイトであっても、

あなたが身に付けた自分の「強み」を

少しでも生かしアピールしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました