パートの応募で職務経歴書の自己PR文を書く必要あり?どう書く!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

最近よく耳にしますが、面接の時に

「自己紹介をお願いします。」

と、冒頭でまず言われる事があるそうです。

 

さらに自己PRをお願いします。

と、言われることもあるそうです。

 

どちらも自己が付いていますが、

説明する内容は全く違う事を説明

しなければなりません。

 

自己紹介に関しては

客観的な事実を述べます。

 

しかし、自己PRは

自分を売り込んで下さい。

と言っている事と同じことです。

 

あなたは面接の時に自分を

どう売り込みますか?

 

応募する企業に自分を売り込みに

来たのですから、何を売るのか

決めなければなりません。

 

さらに応募先企業では

何を望んでいるのか、それを知らなければ

モノを売ることはできません。

 

このように自己PR文は

あなたの何を売るか、そして相手先企業は

何を欲しがっているのか?

 

それがかみ合った文章で良いのです。

 

分かってしまえば当然のことですよね。

 

それではどの様に売るべきか、

あなたの性格や行動特性を

調べていきましょう。

 

パートでも職務経歴書は書いた人が有利!自己PRどう書く!?

 

 

職務経歴書に志望動機は書かなくても

自己PRは記載しましょう。

 

志望動機はあなたがなぜこの企業へ

応募するのか、その根拠はどこに

あるのか、と問われていることを記載します。

 

極端な例では、「職場が家に近いから」

又は「お金が必要なので」などでも、

なぜ応募するのか、の答えには

なっていますよね。

 

ただこれだけ一行書いて終わりでは

「?」と採用担当者の人も首を

傾げたくなります。

 

“職場が家に近いから”の例では、近いと

あなたにどのようなメリットがあり、

さらに会社にもどんなメリットが

あるのか?

 

職場に近ければ、子供がいる場合、

あなたは安心して働ける事と、

通勤時間が短い分少しでも長く働ける。

 

これはあなたにとって

メリットですよね。

 

では、企業側のメリットは

何でしょうか?

 

あなたが書いているように、

交通費が掛かりません。

 

さらに自宅が会社に近いので、

緊急のシフトがあった場合、

出社も可能である事と、人手がたりず

残業になっても引き受ける事が出来る。

 

以上の例のように志望動機はあなたと

社の相互の関係を記載すれば良いで、

あまり悩む事はないと思います。

 

しかし自己PRとなると、

志望動機とは少し話が変わってきます。

 

自分の「能力」「長所」「強み」

を見つけ出し、応募先企業にどのように

貢献できるのかを、記載します。

 

応募先企業にどのような貢献ができるのか

に関しては、志望動機と似ている

部分もあります。

 

あなたの売るべき性格や行動特性

どのように捉えればよいのか?

 

普段あまり考える事がないと思います。

 

下記にキーワードで性格や行動特性の

イメージを掲載します。

 

 

この中から、あなたがこれなら私にも

共通するイメージがあると言うのを

見つけ出してください。

 

この例を見る事で、そんなことなら

自分にも幾らでも思い浮かぶ

となるかもしれません。

 

あなたが見つけた性格や行動特性は、

どの様な根拠に基づいてそのように

思ったのか?

 

その「能力」「長所」「強み」は

過去の仕事で、つちかったものか、

学生時代に生じたモノなのか、

または普段の生活の中に原因があるのか?

 

その事をエピソードとして

記載すれば良いのです。

 

エピソードも交えた例文です。

 

 

エピソード文まで記載できたら、

最後は応募先企業が今回の募集で

どんな人物像を望んでいるのかです。

 

職種が「販売員」「一般事務」「レジ係」

「倉庫物品」「総菜」「配達」

などのように、それぞれの職種に対して

企業がどのような人を欲しているのか想像

できると思います。

 

ここで、逆にあなたが沢山ある求人の

中から、今回応募する企業を選んだ

理由を考えて見てください。

 

あなたは選んだ企業のこの職種なら、

自分に知識も技能もあるから、

応募してみようとなったのでは

ありませんか?

 

あなたは無意識の中で、

自己PRが完成していた事になります。

 

その事を文章化すれば

リッパな自己PR文です。

 

自己PRは書き出しの一言で決まる!?書き方は?

 

 

自己PR文の冒頭でインパクトある

書き出しをする事で、採用担当者に

興味を持たせて、その続きを読んでもらう。

 

あなたが今、求人数が多い売り手市場に

いるのであれば、採用担当者は少ない

応募者の応募書類を隅々まで目を

通してくれるでしょう。

 

しかし、その逆か、条件が良いため

応募者が殺到するような募集では、

余程書き出しで差を付けないと、

最後まで目を通してもらえないかも

しれないのです。

 

そこで、書き出し部分をどのように

強調すればインパクトの強い文章

なるのでしょう。

 

例えば、このような文章となります。

 

・私には継続する力があり、苦しい時でもやり遂げられる自信があります。

 

・私には他に負けない吸収力があり、どのような事でも学び成長する事が出来ます。

 

・私の強みは周りに左右されない前向きさです。

 

上記のように、内容としては凄い事を

言っていませんが、「・・ます。」

「・・です。」と言い切る事で、

強い意志が感じられるのです。

 

普段書く事のない、他人に提出する

書類としては、ちょっと恥ずかしい気も

しますが、この位がちょうど良いのです。

 

まとめ

 

 

職務経歴書の中でも自己PR文が

一番難しいと求職者の方は言います。

 

普段の生活の中で自分の事をほめる

と言う機会はそう多くありません。

 

志望の動機であれば、「なぜこの企業に

応募したか?」と考えれば、

書き出しのキッカケはつかめます。

 

しかし自己PRで自分の良い所をほめろ

言われると中々書き出し文が

思い浮かばないと思います。

 

そこで、前述した例文を思い切って

書いてみると良いと思います。

 

「私は物事を前向きに考える

プラス思考です。」

と自分に表題を与えてみてください。

 

そしてそれはどのような理由で、

そう思うのか?と続けていける思います。

 

普段の仕事、生活の中で自分の「能力」

「長所」「強み」を見つけて下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました