パートの応募で履歴書の志望動機欄に有利になる書き方は!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

その経験から、志望動機書き方

いかに大切か知らされました。

 

 

求人の募集が多い場合は、

パート職やアルバイト職では、

志望動機に「特にありません」

でも通用しました。

 

しかし、

求人数が少なくなると逆転します。

 

 

アルバイト職やパート職に応募する人は、

志望動機に何を記載するか、

に困っています。

 

自宅から近いので・・・・

給料が他より高いので・・・・

以前に経験があるため・・・・

時間がシフト制なので・・・・

 

と、もちろんこれは応募する動機

しては大切です。

 

しかし、

他の応募者との違いを

アピールするには、働くイメージ

大切な要素なります。

 

それでは、どのように書くと、

他の応募者と差を付けられるのかを

検討します。

 

パートでは志望動機なんて思い浮かばない?

 

 

窓口では、「志望動機なんて浮かばない」

と言う人を、よく見かけます。

 

でも、一応は自分が選んだ求人票を

手にして「紹介状を書いて欲しい」と

言います。

 

あなたは数ある中の求人票から、

どのような理由でこの会社を

選んだのですか?

 

そうすると色々と説明してくれます。

 

あなたが選ぶ時は、

神社のおみくじの様に、

どれにしようかなと選びましたか?

 

種々な職種の中で、

就職した時のイメージを浮かべながら、

選んだのではありませんか。

 

その時のイメージが大切なのです!

 

一枚の求人票の中から、給料、時間、

場所、会社の規模、仕事の内容、

必要な資格やスキル、これらを元に、

働くイメージを抱いたのです。

 

あなたが求人票を選ぶ場合、

自分が今までに働いてきた、

知識や技能をハカリにかけて、

選んだのではありませんか?

 

この応募先企業なら、

今まで自分が働いてきた会社のスキルで、

働いていける自信があるし、

さらにスキルアップも望める。

 

このように考えて選んだ求人票を、

持ってきたはずです。

 

もう既に今までの思考の過程の中で、

志望動機が生まれています。

 

あなたは素直に自分の考えた将来像を、

志望動機として履歴書の志望動機欄へ

書くだけで良いのです。

 

 

大切なのは採用したいと思わせるパートの志望動機?

 

f:id:mitu_sho:20200825173230p:plain

 

採用担当者の方は、

難しいことをあなたに要求している

分けではありません。

 

履歴書の志望動機欄は文字数にして、

150文字程度です。

 

例えば、今回応募するのは、

あなたが作業として経験のない

“ピッキング作業”だとします。

 

あなたは求人票の中から、

ピッキング作業自体の経験が無くても、

自分には可能だと判断しました。

 

求人票には、

・リスト通りにミスなく作業できる人(正確)

・自らの目標で集中し作業できる人(スピード感)

・身体を動かすため健康に自信がある(倉庫内を歩く)

と条件にあったとします。

 

あなたは以前、

スーパーでレジの仕事を

数年続けていました。

 

上記求人票の条件には、

「正確」「スピード」「体力」が、

目に付いたはずです。

 

そうなんです!

実際のピッキングの経験が無くても、

あなたは既に経験を積んでいました。

 

そこで、志望動機には

「過去にスーパーでレジをしており、

正確な金額の入力(最近はバーコード)、

混雑の時でもお客様の商品を分類しながら、

カゴに入れるスピード感、商品を探して店内を、

走り回れる体力。

これらを経験として応募しました。」

以上で100文字程度です。

 

さらに、

自宅から近いので・・・・

給料が他より高いので・・・・

以前に経験があるため・・・・

時間がシフト制なので・・・・

の中から、一つでもあれば、

採用担当者には、ダメ押しとなります。

 

以上の様に、自分が選んだ理由を考えて、

事実をその通り伝えることが、

採用担当者の人にも、

納得いく志望動機となります。

 

志望動機は自分の強みを採用担当者に伝わる言葉にすること!?

 

f:id:mitu_sho:20200825173422p:plain

 

次に全く違う職種に応募したいとします。

 

あなたは以前、

スーパーでレジの経験を積んできました。

 

しかし今後は、人間関係に疲れたため、

軽作業に応募したいと考えています。

 

対人関係にあまり関係のない、

決められた作業を、

モクモクとする職種を選びました。

 

あなたは全く就職後のイメージが

沸いてきません。

 

その求人票の仕事内容に、

「黙々・コツコツ作業に抵抗がない」

「企業の製品への関心・興味」

「手際の良さ・几帳面さ」

とあり、コツコツ作業にひかれました。

 

以前の仕事で、

対人関係でトラブルがあり、

それが原因でイヤになり退社しました。

 

このような場合、職歴の退社理由にも、

気を付けたいことがあります。

 

「一身上の都合にて退社」はいけません。

 

採用担当者の人は、

「長年勤めた仕事を退社して、

全く違う業種に応募したのは、

何か理由があるはず」

と、考えます

 

あなたはあまりその点に、

触れられたくありません。

 

理由を説明すると、

会社の批判や他人の批判に、

なってしまうからです。

 

そこで大切なのは、

スキルアップのため退社」です。

 

なんか前向きなイメージがしますよね。

 

今回あなたが応募した会社が、

ある家庭用調理器を、

製造している会社の下請けだったとします。

 

退社の理由にも自分のアピールを入れます。

○○年2月   株式会社A 入社

○○年3月   株式会社A

一身上の都合により退社

上記が、一般的に推奨されている職歴の書き方です。

 

しかし、採用担当者は、

A社を退社した理由が、

知りたくなります。

 

それではあなたは困るのですよね。

 

そこで、このように書きます。

○○年2月   株式会社A 入社

○○年3月   株式会社A社

レジ係として正確さとスピード感を取得して

スキルアップのため退社” とします。

 

この退社理由はウソではありませんよね、

あなたが実際に身に着けたスキルです。

 

さらに、

志望動機にも同じように前の会社で、

身に着けた知識や経験を、

もう少し詳しく説明します。

 

この時に大切なのは、

企業側の視点に立つ事です。

 

前述したように

「黙々・コツコツ作業に抵抗がない」

「企業の製品への関心・興味」

「手際の良さ・几帳面さ」

これは、求人票の仕事内容に、

記入されていたものです。

 

採用担当者にあなたを

「採用したい」と思わせる、

志望動機のポイントがあります。

 

「企業の製品への関心・興味」

利用します。

 

この会社は家庭用調理器の下請け会社です。

 

そこで、志望動機には、

「以前の会社でレジ係として、

正確な金額の入力をしていました。

さらにお客様を待たせず、

その上商品を分類して、

カゴへ詰めるスピード感を身に付けました。

貴社が製造している〇〇〇は、

とても興味があり使用してみたいと

考えていました。」

となり凡そ100字となります。

 

あなたは、

「黙々・コツコツ作業に抵抗がない」

と言う作業がしたいと思っていました。

 

さらに、あなたのスキルは、

「手際の良さ・几帳面さ」です。

 

そして最後に、会社へのアピールとして

製品への興味も、記入しておきましょう。

 

このように、短いながらも履歴書の中に、

自分の思いを詰め込むことができるのです。

 

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページが、

ありますので参考にして見て下さい。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

 

まとめ

 

 

退社理由で多いのは、

コミュニケーションによるトラブルです。

 

そのため「一身上の都合により退社

と記載すると必ず、面接で「理由は」

と質問されます。

 

転職回数が多いと、

採用担当者に退社理由の説明だけで、

終わってしまう場合もあります。

 

退社時の事は、

あなたにとってイヤな事で、

それは過去のことです。

 

応募する会社はあなたの未来です。

 

どんな些細な知識でも、

技能でもかまいません。

 

身に着けたスキルがあるはずです。

 

それを武器にして、

履歴書の職歴に記載しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました