パートの応募で履歴書を郵送する時の封筒の書き方は?送付状は必要?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

応募書類を送る前に履歴書の再確認を

しましょう。

 

採用担当者が良く目につく残念な事は、

・履歴書が汚れている(シミが有る)

・写真が曲がっている

・印が有るのに押印していない

・修正してある(修正テープ、二重線)

・鉛筆、シャープペン、消えるボールペンは不可

・使い回した履歴書

・卒業年度の違い

 

等は履歴書の内容確認以前に、

不採用となる事もあります。

 

上記で良くあるのは、「卒業年度の

間違いです」過去の事なので勘違いして

いる場合もあります。

 

ネット上でも確認できる年度の一覧表が、

ありますので、不明瞭な場合調べて

みて下さい。

 

履歴書は応募先企業においては

審査書類」と位置づけられています。

 

郵送又は提出の前に不安がある場合は、

職業相談所に相談してみるのも良い

と思います。

 

他人に一度確認してもらう事で、

内容はともかく安心して提出できます。

 

それでは応募書類の郵送(手渡し)

に関して、説明します。

 

履歴書を郵送する時に気を付ける事は?

 

応募書類を入れて提出する方法に

2つの方法があります。

 

書類を折って封筒に入れる方法と、

書類をそのままの大きさに合った

封筒に入れる方法です。

 

採用担当者に印象が良いのは、

折らずにそのまま同封する方法でしょう。

 

折って入れる場合は、三つ折りにして

「長3型」の封筒へ入れます。

 

この時折り目が斜めにならない様に

気を付けます。

 

応募先が多く、全て郵送するとなると

送料も掛かり失業の身には厳しいかも

知れません。

 

少しでも節約したい気持ちも

分からないではありません。

 

しかし、採用担当者は折られた書類を

開いて伸ばすという手間が掛かります。

 

些細な事ですが、最後の選考まで残り

どちらかを選ぶとなった場合、

折り目の無い綺麗な履歴書を選ぶでしょう。

 

最後の決断はほんの少しの差で決まる

場合があります。

 

履歴書のサイズは、市販ではB5版と

A4版の両方が販売されています。

 

もし、こだわりが無ければA4版を

お勧めします。

 

B5版の方が記載する量が少なくて済むと

考える方もいるでしょう。

 

企業内の書類はファイルも含めて

A4版に統一されています。

 

多くの応募者の書類をまとめる時にも、

また採用後のファイリングのためにも

A4版を選んだほうが得策と考えます。

 

封筒に書類を入れる順番にも気を使います。

 

出来ればクリアファイルに挟んで封筒に

入れると良いでしょう。

 

採用担当者の方が書類の管理を

しやすいからです。

 

バラバラに同封されていると、

まとめ直して自社のクリアファイルに

挟む事になると思います。

 

一番上には送付状(添え状)、次に

(ハローワークから紹介があれば紹介状)

履歴書、職務経歴書となります

 

封筒は出来るだけ白を用意しましょう。

 

表面には、赤字で「応募書類在中」

と左側に記入します。

 

裏面には日付を記載しますが、

この日付は送付状、履歴書、職務経歴書と

同一日にします。

 

履歴書をセットで購入される方は、

封筒に「履歴書在中」と記載された

封筒が付いています。

 

履歴書と送付状(添え状)だけの場合は

この封筒でもかまいません。

 

しかし、履歴書以外にも職務経歴書や

作品などを同封する場合は、「応募書類

在中」とした方が印象は良いです。

 

郵送する場合はノリ付けして「」と

記載、「✖」ではありません。(しめと読みます)

 

封をした後にセロテープやホッチキスで

止めてはいけません。

 

応募先企業へ持参する場合は、

封筒の糊付けはしません。

 

持参する場合には表には住所は

書きませんが、会社名と担当者部署氏名は

書きます。

 

送付状(添え状)は付けた方が良いの?

 

 

履歴書や職務経歴書はビジネス書類です。

 

一般的社会に置いて、何らかの書類を

送付又は持参した場合、送付状(添え状)

は必須です。

 

たかが履歴書一枚と思わないでください。

 

ビジネス上の礼儀です。

 

送付状は履歴書がB5版で有ればB5版で、

A4版で有ればA4版で作成します。

 

送付状の日付は、記載日ではなく

郵送の場合は郵送した日付

持参であばその日付とします。

 

前述したように、送付状の日付と

履歴書、封筒、職務経歴書は同一日

なります。

 

送付状は封を開けた時一番最初に

読む書類です。

 

添付した内容物を記載するのは当然ですが、

履歴書や職務経歴書に書いてある事と、

重なっても構わないので志望の動機

記載した方がよいでしょう。

 

書類選考の場合は提出した書類で

面接か不採用かが、決まってしまう

のですからあらゆるチャンスを

見つけて企業へアピールします。

 

ただ、長い文章は禁物です。

 

志望動機を延々と記載しては

「この応募者は書く項目の意味が

分かっていないのではないか」と逆に

マイナスなイメージとなるからです。

 

あくまでも、さわり程度の動機を2~3行

で記載します。

 

尚、こちらでも送付状の例と封筒の例を紹介しています。

 

 まとめ

 

履歴書と職務経歴書に全ての神経が

行きがちですが、ビジネスマナーを守り

送付状と封筒にも気を使いましょう。

 

市販されている履歴書の様式は

「JIS規格履歴書」としてのものが

標準となっています。

 

JIS規格に定められた書類以外はダメと

いう事ではありません。

 

ハローワーク「JIS規格履歴書」

からダウンロードできます。

ハローワークインターネットサービス - 履歴書・職務経歴書の書き方

 

ダウンロードして自分の応募する

状況に合わせて、アピールポイントを

記載しやすいように変更する

と使い勝手がよくなります。

 

タイトルとURLをコピーしました