履歴書はパートでも志望動機、自己PRは必要か?必須です!?

パート職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

正社員に関しての情報は、多数あるのですが、

ほとんどの求職者の方は、パートやアルバイト、

そして非正規雇用の方々です。

 

ハローワークの窓口では、パート求人に関しても、

職務経歴書や自己PR文を勧めています。

 

実態としてはパートさんの求人に応募する場合、

履歴書だけで応募する場合が多いです。

 

退職された方は、今すぐにでも応募して、

明日からでも働きたいのです。

 

そこで、履歴書だけで、面接官の目にとまる、

必殺ワザをお教えします。

 

難しいことではなく、履歴書に志望動機と、

自己PRの内容をまとめてしまえば、良いのです。

 

そのためには、市販の履歴書ではなく、

 

自分でレイアウト可能な、履歴書をダウンロードします。

必要な項目は、志望動機欄、自己PR欄そして

趣味欄、たまに得意な学科など有りますが、

それはいりません。

 

さしたる趣味も無ければ、趣味欄も削ってしまいます。

 

パート募集の履歴書で、3大これはダメ!!

 

f:id:mitu_sho:20200820172421j:plain

 

最近は面接時の昭和上司が、少なくなってきているため、

手書きでない履歴書もOKです。

 

名前だけは、直筆がよいでしょう。

 

応募者の中には、履歴書を送る段階で失敗している人が、

多く見受けられます。

 

以下に、やってはいけない3つの事を記します。

 

  • ①職歴欄の退職理由に”一身上の都合”と記入。
  • ②志望動機欄に”以前〇〇で働いていたので、

   経験が有ります。一生懸命働きます”と記入。

 

  • ③名前欄の右側に”印”と記入しているのに、

   認め印が押されていない。

 

 

職歴に”一身上の都合”と書く

 

これでは、どの様な理由で退職したのか、

採用担当者は知ることが出来ず、「面接の時に

確認にして見ようかな?」、とはなりません!

 

これでは担当者も、次の求職者の履歴書へ、

手が伸びてしまいます。

 

せっかく履歴書を、読んでくれているのです。

 

そこは退職の理由をキチンと書きましょう。

 

書くと言っても、”人間関係に問題が有って”とか、

”上司と意見が合わず”と、言うことを書くのでは、

ありません。

 

大事なのは、前向きな姿勢です。

 

人間関係で退職した場合でも、

その会社で身に着けたことを足掛かりに、

次の会社へステップアップするために退社とします。

 

例えば、スーパーのバックヤードで、総菜の

担当をしていた場合、そこのリーダーと性格が

合わず、辞めさせられる様に退職した場合

 

大切なことは、辞めさせられた原因では無く、

その総菜担当で何を学んだか?なのです。

 

当然、働いていた訳ですから、

何か初めて作業した時よりは、

各段に上達した事があるはずです。

 

そうですよ、総菜の中でも揚げ物が、

格段にスキルアップしていたでしょう。

 

その事を踏まえて書きます。

 

総菜コーナーでの手際の良さを生かし、

生鮮担当へとスキルアップしました。”

 

これは、スーパーの総菜コーナーで働いて、

2年後退職し、他のスーパーの生鮮コーナーで

採用された場合の例です。

 

採用担当者は、何か気まずいことでもあって

退職したのではないだろうか?などと考えます。

 

それなのに、自分の方からわざわざ、

理由を聞かれるような事は、書くべきではありません。

 

何度も退職と入社を繰り返した場合でも、

“一身上の都合”ではなく、退職した会社で

身に着けた事を次の会社で利用し、さらにスキルを上げる

 

この手順で、良いのです。

 

採用担当者は、会社の取って前向きな人を採用

したいのです。

 

志望動機欄に”以前〇〇で働いていた・・”と書く

 

f:id:mitu_sho:20200820172544j:plain

 

上記の例の様に”以前〇〇で働いていたので・・”

は、採用担当者の立場からすると、

当社の何が分かって、経験が有ると言っているのだろう!

と、なってしまいます。

 

ここはキチンと、自分は何が得意で、何を学んで

来たのかを、書くべきです。

(詳細は次のコーナーで説明します。)

 

名前欄の右側に”印”と有るのに印が押されていない

 

現場で見ていて意外と多いのです。

 

これは、”印”と記入してあるのだから、

押印しようよ!と言う事ですね。

 

もし、押印しないなら、”印”を削除すれば良い

のです。(パソコンで履歴書作る場合)

 

認め印が是非必要である、と言う事では有りません。

 

大切なのは、細かなところまで確認できているか、

その辺を見ています。

 

履歴書の志望動機、自己PR、趣味欄にはテクニックが必要!?

 

 

 

志望動機欄と自己PR欄は、採用担当者は必ず

目を通してくれるポイントます。

 

これはアピールするチャンスです。

 

志望動機の書き方

 

職務経歴書の志望動機欄は、かなりのスペースを

とって、なぜ御社に志望したかを書きます。

 

この場合も、志望動機欄が有るのですから、

自分の持ち味をアピールしましょう。

 

前述①の時の総菜コーナーを経験し、

さらに次の会社で生鮮コーナーを経験した場合。

 

夫々のコーナーの作業の中で、

身に付いた強みが有るはずです

 

他人と比べる必要はありません。

 

自分自身が思っている事で、良いのです

 

総菜では揚げ物の手際よさをアピールし

生鮮では、裏方に回り、常に包丁を

研いで切れるようにしていた、とします。

 

では、応募した会社が事務系の補助作業

だとしましょう

 

志望動機は「以前勤めていたスーパーでは総菜

を担当し、時間と温度を守りながら、

一定のペースで作業する事を学びました。

 

そして次の生鮮では、仕事を始める前の準備として、

いつも包丁を研いでおく事を学びました。

 

これは、事務の補助仕事には、

全く関係ないと思われますが、

キーワードが入っているのです。

 

事務の仕事と言うのは、時間を守り、

約束事を忘れる事なく実行する。

 

さらに、資料作成に関しても、必要なスキルは

下準備が大切だという姿勢です。

 

たとえ、事務の経験がなかったとしても、

採用担当者にはイメージが理解できるはずです。

 

自己PRの書き方

 

自己PRは応募した職務内容に関連付けて記入します。

 

例えば、

スーパーの応募職種が、陳列作業とします。

 

”普段家庭内で雑誌とか、冷蔵庫の中の調味料、

皿、コップなどを、形を揃えて整理するのが、

好きです。”

 

又、同じくスーパーのレジ作業への応募の場合。

 

子供のころから、箱にモノを詰める時、分類別に

分けながら、隙間なく整理する事が好きでした。”

 

そして、スーパーのバックヤードの職種の場合。

 

”普段から町内会の行事に参加し、

表に出て率先するのでは無く、

全体の流れを見て、必要な時に手を貸していました。”

 

以上の様に、いずれも内容としては、自分だけが

知っている事であり、その事が得意で有ると表現

します。

 

通常の履歴書には、自己PR欄が無い場合も

有りますが、是非その部分を確保して自分の

強みをPRします。

 

趣味欄

 

最後に趣味欄が有る場合、”読書””スポーツ”

などと書く場合があります。

 

採用担当者が見た場合、どんな内容の本、

どんなスポーツとなりますので、

内容を詳しく書きます。

 

読書であれば、”現在〇〇作家のシリーズ

読んでいます”とか、スポーツであれば、

”テニスで町内の婦人クラブに入っています”

 

応募書類の送り方と送付状の書き

 

まとめ

 

以上のように、履歴書はとても大事な、

自己アピール手段です。

 

応募者が少ない場合は、採用担当者もまずは、

働いてもらおうか、と考えたりしますが、

多い場合は、履歴書が勝負となります。

 

どの項目でも、履歴書だけであなたの性格なり、

思い入れなどが、伝わるよう様にします。

 

また、

特技に関しては、パチンコ、パチスロ、ギャンブル、

テレビを観る、マンガを読む、大食い、大酒等は

好ましくありません。

 

タイトルとURLをコピーしました