アルバイトの応募に職務経歴書は必要?簡単な書き方はあるの!?

アルバイト職の応募書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

アルバイト募集に応募するのに

職務経歴書は必要ないと考えている方は

多いと思います。

 

知人や友人からアルバイトを頼まれたり、

紹介されたたりする場合は履歴書だけで

良いかも知れません。

 

求人数が多く売り手市場の場合は、

簡易なアルバイト、パート専用の履歴書が

市販でありますのでそれも良いでしょう。

 

しかしアルバイトやパートとは言え、

就業先が少なくなると今度は企業が

選ぶ事になります。

 

どうしても、この企業に勤めなければ

ならないと、あなたが思うのでしたら

職務経歴書は必須です。

 

職務経歴書で筆が止まってしまうのは、

志望動機と自己PR文ですよね。

 

自分をアピールする元となるのは、

「能力」「長所」「強み」ですが、

それを文章にするのは難しいものです。

 

下記に簡単に記載可能な職務経歴書の

記載例をしませます。

 

アルバイトの求人に応募するのに職務経歴書は必須!?

 

 

アルバイトでもパートでも職務経歴書が

必要な理由は、人よりは一歩でも半歩でも

先んじないと応募者が多い場合、

面接にも残らないからです。

 

応募するからには誰でもその企業に

採用されたいと思っているはずです。

 

あなたがどうしても身に付けたかった

スキルの職種が、見つかったとすれば

尚更の事ですよね。

 

それでは正社員募集の時とアルバイト、

パートの募集では書類の書き方に

違いが有るのでしょうか?

 

自分の「能力」「長所」「強み」を

アピールして、応募先企業が望む

人物像とマッチングすれば、

それで職務経歴書の使命は終了です。

 

後は、あなたが面接で対応する事に

なるのです。

 

職務経歴書を書く前に履歴書の職歴を、

少し考えて見てください。

 

多くの採用担当者が言っている事

なのですが、書類選考する時は

履歴書に興味を持ってから、

職務経歴書を見る。

 

履歴書に興味を持たれない応募者は

その時点で、不採用となる確率が

高くなります。

 

では、どの様に職務経歴書まで

進めるように、履歴書を工夫すれば

良いのでしょうか。

 

履歴書の職歴であなたは今まで

下記の例の様に記載していたと思います。

 

この方法で退社時、全てが“一身上の

都合・・・”では採用担当者の方は、

ほとんど興味を示しません。

 

“一身上の都合・・・”は、自己都合と

なるため、あなたが自ら何らかの理由で

会社を辞めたと、採用担当者は考えます。

 

出来れば面接でも退社した時点の

理由など話したくないですよね。

 

就業中に何の問題も無ければ

普通は退社しないからです。

 

しかしそれでも退社する場合は、

アルバイトでもパートでも自分が、

将来目指している目標のため退社

したとなれば、話しは別です。

 

一般的には採用担当者はあなたの職歴で、

「何回も入退社を繰り返しているが

人間関係に問題でもあるのではないか」

と考えて面接でも聞くのです。

 

では、なぜ聞くのでしょうか、

またすぐ退社されても困るからです。

 

あなたの履歴書は採用担当者がマイナスに、

評価してしまう書き方をしているからです。

 

あなたは退社時点での理由は

「人間関係」だとしても、その会社で

身に付けたものが沢山あるはずです。

 

そんなあなたの身に付けた「能力」

「長所」「強み」を退社理由とします。

 

上記の様に

・お客様の立場に立って説明する事を学び

・顧客との信頼関係が一番大切と言う事を学び

・突発的な状況でも冷静に判断する事を学び

 

上記のように退社理由を採用担当者が、

見た時どのように感じるでしょうか?

 

退社した時点の理由より、あなたが

身に付けたスキルをどのように今後

会社に生かして行こうと考えているか、

職務経歴書に目を通したくなります。

 

非正規雇用のアルバイト歴を職務経歴書に書く方法は!?

 

 

正規職と非正規職の両方がある場合、

職務経歴書には両方とも記載した方が

良いのでしょうか?

 

最終学歴前のアルバイト歴は

要が無いと言われています。

 

あくまでも慣例でこの様になっている

のであって、記載していけない事では

ありません。

 

あなたの将来の目標の一端を掴んだのは、

在学中に働いたアルバイトにある場合、

そのアルバイトが大事な意味を

持ってきますのでぜひ記載してください。

 

このような劇的な状況でなくても、

あなたが在学中のアルバイトで取得した

知識や技能があり。

 

今度応募する企業のアピールに必要と

感じたら、記載して問題はありません。

 

アルバイト歴と言っても6カ月以内の

就業が複数あり、応募する企業のスキルに

対応していないと判断すれば、

職務経歴書に書く必要はありません。

 

履歴書は採用後会社の人事書類となり、

職務経歴書はあくまでも採用担当者が、

採用する時の判断資料として使用する

ものです。

 

下記に例としてアルバイト歴の職務経歴書を

記載します。

この例は志望動機を履歴書の

志望動機欄に記載する事で、

職務経歴書は自己PR文に絞って

アピールしているモノです。

 

職務経歴書は正規・非正規を問わず書き方は同様!

 

 

前述したように職務経歴書は履歴書の様に、

JIS規格様式がある分けでもありません。

 

そのため自分の都合の良いように改良して

いかに企業の採用担当へアピールする事が、

出来るかが大切となります。

 

アルバイトやパートであっても培った

スキルを利用する事が大切です。

 

職務経歴書が必要だからと言って、

羅列するだけでは採用担当者を

納得させる事ができません。

 

前述の例の職務経歴書は自己PR文を完結

させるために、職歴の職務内容を実際の

仕事の中から選んで記載しています。

 

なんでも良い訳ではありません。

 

さらに「職務を通じて見つけた能力」

では、総合的に仕事で培った能力を

応募する職種に合わせて記載しています。

 

そして最後の自己PR文で

完結しています。

 

参考例でも分かると思いますが、

特に難しい文言は使用していません。

 

誰にでも判るような平易な文章に

なっています。

 

職務経歴書と言うと堅苦しい

イメージですが、普段の性格や

行動特性などからでも「能力」

「長所」「強み」を探すことが出来ます。

 

あなたがどうしても自身のアピール

ポイントが見つからない場合は、

下記の例を参考に、

ぜひ独自のイメージを作り出してください。

 

 

 

履歴書、職務経歴書が完成したら、

応募先企業への提出となります。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明したページが

ありますので参考にして見て下さい。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

以上はアルバイトやパートへ応募する時も

職務経歴書が必要である事を説明しました。

 

また履歴書は読んでいるが、

職務経歴書までは目を通してもらえずに、

不採用になることもあるので履歴書の

職歴欄に一工夫する事も必要です。

 

自己PR文のための職歴であったり、

資格であったり、職務を通じて

見つけた能力であったりで良いのです。

 

文例の様に、

自己PR文の最後の文言である

早期に貴社の戦力になれるよう前向きに

全力で取り組みますので、

何卒よろしくお願いいたします。

なのです。

 

タイトルとURLをコピーしました