応募書類が履歴書のみ、書き方に工夫する必要あり!職務経歴書は!?

一般職の応募に必要な書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

最近よく“履歴書のみでOK”と言う

求人を見かける様になりました。

 

パート、アルバイトの場合は職歴の

スキルに関係なく人柄を見たいと言う

場合に使われるようです。

 

履歴書のみで良いと考えている企業には

下記の3つのパターンに分かれます。

 

1つ目は、採用担当者は全員と面接

するので、一応形式だけの履歴書で

良いと判断。

 

この場合は適当な履歴書で良いと言う

意味ではなく、書類選考でも実施される

レベルの履歴書と言う意味です。

 

2つ目は資格優先のため、そのレベル

以上の人だけと面接する場合です。

 

3つ目は多くの人に応募してもらいたい

と思っている場合です。

 

上記の何れの場合でも、履歴書だけで

採用担当者は判断する事となり、

履歴書にいかに自分の想いを記載

できるかで決まります。

 

応募書類で履歴書のみの求人は難易度が高い!?

 

 

職務経歴書を提出できるのであれば、

自分のスキルを説明できますが、

無いとなれば志望動機欄、自己PR欄

有効に利用します。

 

履歴書に貼る写真にも気を配りましょう。

 

写真の写り具合だけで採用の可否が

決まる訳では無いと思いますが、

万全を期しての準備です。

 

あなたは「履歴書のみ」と記載して

あるので、面倒な職務経歴書を書かずに

ラッキーと思っていませんか。

 

履歴書のみの場合の応募者数は異常に

多くなります。

 

職務経歴書を添付しない分だけ応募

しやすいのだと考えられます。

 

しかし、職務経歴書と言う個人の

アピールの場が無くなるため、

難易度は高くなります。

 

また、本当に職務経歴書を必要と

しないのか、応募先企業に確認する

手もあります。

 

他の人が職務経歴書を添付していない

場合、添付したあなたが目立つので有利

になります。

 

電話確認の時は「履歴書のみと記載

されていますが、職務経歴書を一緒に

提出しても良いのでしょうか?」

と確認するとよいです。

 

本当に履歴書だけの応募と決まれば、

志望動機欄にスキルを踏まえて、

記載するとアピール性が向上します。

 

一般的に職務経歴書では過去の企業で

培ったスキルを記載する分けですが、

その場が履歴書の志望動機欄となります。

 

今までの就業していた企業の中から、

今回応募する企業に必要なスキルを

見つけ出し、その事を志望動機として

記載します。

 

どうしても志望動機に関して思い

浮かばないようでしたら、

下記のページを参考して見て下さい。

履歴書に書く志望動機が何もない・浮かばない!書く秘訣有り!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書には必ずと言って良いほど 志望動機欄が設定されています。 学歴、職歴、免許・資格、志...

 

志望動機欄が完成すれば、

次は自己PRとなります。

 

市販の履歴書には自己PR欄が

無い場合が有ります。

 

探してない場合は下記のハローワークの

ページから、ダウンロードして、

自己PR欄を作成してください。

ハローワークインターネットサービス - 履歴書・職務経歴書の書き方

 

ダウンロードしたエクセルデータに

自己PR欄を作成した例を掲載します。

上記がダウンロードした元の履歴書です。

志望動機欄の下に自己PR欄を追加した

場合の例です。

 

元の履歴書よりも本人希望欄の

スペースが小さくなっています。

 

志望動機欄で応募先起業への想いを、

全て記載しきれた場合は、自己PR文

は必要ないかも知れません。

 

しかし、面接では”自己PRをお願い

します”と言われる場合があります。

 

窓口での話ですが、職務経歴書を

添付して、志望動機は記載してあるが

自己PR文が無い場合は、質問される事が

多いようです。

 

自己PR文に関してがどうしても

思い浮かばない場合は下記のパージを

参考にして見てください。

履歴書の自己PR何も思い浮かばない!書き方の秘訣はあるの!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 市販の履歴書には必ずと言っていいほど、 「志望動機欄」は有ります。 しかし、「自己PR欄」...

 

履歴書のみの応募で気を付ける事は!?

 

 

採用担当者は履歴書で一番気になるのは

退社した理由です。

 

一般的に下記の様に、履歴書の職歴に

年代順に入社、退社と書いていきます。

 

平成○○年○月  株式会社A 入社 (一般事務)
平成○○年○月  一身上の都合により 株式会社A 退社
平成○○年○月  株式会社B 入社 (一般事務)
平成○○年○月  一身上の都合により 株式会社B 退社
令和○○年○月  株式会社C 入社 (レジ係)
令和○○年〇月  倒産により 株式会社C 退社

 

以上の例のように複数社の入退社を

繰り返す事があります。

 

職務経歴書が有ればA社でのスキル、

B社、C社それぞれのスキルを

記載する事ができます。

 

退社理由が“一身上の都合・・・”と

続くと、採用担当者の方は“どのような

理由で退社したのか?”と考えます。

 

“面接の時に聞いてみよう”となれば、

あなたは退社の理由を説明し、その会社で

身に付けたスキルも説明できます。

 

しかし、短期間で“一身上・・・”が

続くと、“本人に問題があって退社して

いるのではないか”と考えられて

印象が良くないでしょう

 

退社した理由がC社の様に明らかに

「会社都合」であれば納得します。

 

採用担当者が最も困ることは採用後、

短期間で退社されてしまう事です。

 

このことを最も嫌うので、職歴の

“一身上の・・・”が続くことは禁物です。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

“一身上の都合による退社”は自己都合の

時に、使用される文章ですから、

あなた自身の都合で会社を辞めた

と言う事を書いているのです。

 

採用担当者は採用した以降の事を

考えて、必ずあなたに退社の理由を

聞きたいはずです。

 

その理由が納得できる内容であれば

問題はありません。

 

夫の転勤、自分や家族の病気、

介護のため等誰が聞いてもなるほど

と思う理由です。

 

自己都合による退職で、あなたが理由を

聞かれて困るのは、同僚とのトラブル、

上司とのトラブル等つまり「人間関係

ですよね。

 

面接の時に退社理由を聞かれて

会社や同僚の悪口を言うのは印象が

よくありません。

 

私が窓口では“一身上の・・・”と

書く事を、勧めていませんでした。

 

今後仕事をする上で大切なことは、

辞めた会社でどんな事を身に付けたか

を短く書く事です。

 

採用担当者も退社理由をねちねち聞く

よりは、”前向きな方向でスキルを

に付け退社した”と書いてあれば、

そのスキルに関して質問するでしょう。

 

簡単な例として、

・伝票を誰よりも早くめくる事を取得して退社

・タイピング1分間80文字入力を習得して退社

・EXCELのマクロプログラムを習得して退社

・クレーム対応の研修を受講し実践して退社

・レジで誰よりも早く分類する事を習得して退社

 

などですが、自分がその会社で学んだ事を、

短い文章にして記載します。

 

どんな些細な事でも構わないのです。

 

この方法は採用担当者が、あなたが

退社に至った理由への興味を忘れて

しまう事です。

 

退社理由より、どの様な知識や技能を、

身に付けたのかと言う事に、採用担当者の

興味を置き換える事になるのです。

 

履歴書のみと記載があっても職務経歴書は付けた方が良い!?

 

 

前述で履歴書のみとあっても確認のため

電話で確認すると良いと記載しました。

 

しかし他の応募者より一歩先へ行く

ためには、職務経歴書を添付する事に、

越したことはありません

 

履歴書のみと言われると応募者の範囲が

広がって幅広い人材の中から選考できる

と考えます。

 

応募者数が多ければ多いほど、

採用担当者に目立つ必要が有ります。

 

そのためにはシッカリと職務経歴書を

付ける事をお勧めします。

 

前述の履歴書の作成プラス職歴に沿った、

職務経歴書の添付は、採用担当者の目を

引くこと間違いありません。

 

歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明します。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

応募書類で“履歴書のみ”に関して

記載してきました。

 

履歴書に職務経歴書の役割を持たせる事は、

内容が盛りだくさんになってしまいますが、

伝えられる限りのアピールを届ける事

大切です。

 

履歴書だけと言う事で送付状(添え状)

を添付していない応募書類も見受けられ

ますが、企業としてはマナーの一部なので

付けて提出しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました