履歴書の自己PR何も思い浮かばない!書き方の秘訣はあるの!?

一般職の応募に必要な書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

市販の履歴書には必ずと言っていいほど、

「志望動機欄」は有ります。

 

しかし、「自己PR欄」は普通有りません。

 

市販の中から自己PR欄のあるモノを

選ぶか、自分で追加する必要があります。

 

変更して使用する場合、下記のハローワーク

インターネットサービスより、履歴書の

ダウンロードが可能です

 

ハローワークインターネットサービス - 履歴書・職務経歴書の書き方

 

自己PR欄を作成するための例を下記に

表示します。

上記は履歴書のダウロードした部分です。

下記に変更した例を表示します。

 

面接の時には「志望動機欄」が有るため、

あえて“志望の動機は?”と聞かれる事は、

あまりありません。

 

内容に関しての質問は有るかもしれません。

 

あらかじめ志望動機を記載していれば、

質問にも動じることなく回答できます。

 

しかし、“あなたの自己PRをお願いします”

と面接で聞かれると、突然の事で話しが

まとまらない事が多いようですね。

 

私が窓口で求職者の方から聞いた話では、

履歴書とは別に職務経歴書を添付し、

その中で「自己PR」が記載されていれば、

質問は少ないようです。

 

自己PRが思いつかない人はいません。

 

自己PRの題材を見つける事が出来れば、

それがきっかけとなりアピールする

部分を、書き出すことが出来ます。

 

もしもまだ志望動機に手が付けられず、

先に自己PRを作成しようとしていたの

なら、下記の説明のパージを参照して

見てください。

履歴書に書く志望動機が何もない・浮かばない!書く秘訣有り!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書には必ずと言って良いほど 志望動機欄が設定されています。 学歴、職歴、免許・資格、志...

 

自己PR文の自分のアピールポイントは個性を探す事!?

 

「自己紹介」と「自己PR」の違いについて

良く聞かれます。

 

面接で最初に“自己紹介をお願いします”と

言われる事が有ります。

 

履歴書に自己PR文は記載したけれど、

自己紹介は想定外と言う事で慌ててしまい、

その後の面接が真っ白になる事も。

 

自己紹介は

・あなたがどんな仕事をしてきたのか

・あなたにはどんな長所があるのか

・あなたの日常の活動(サークル、習い事)

・出身地や現状

など自分の紹介をする事です。

 

自己PRは

・あなたが、自分の長所を活用して

会社やお客様に接してどのような貢献が

できるかをアピールするものなのです。

 

 これで分かり易くなったと思います。

つまり自己紹介が出来れば、「自己PR」

も可能だと言う事です。

 

自己紹介では自分の長所や短所など、

自分自身しか分からない事を他人に、

“自分がこんな人間です”と説明します。

 

自己PRは、その自分の長所の部分

会社が望んでいる部分を、

マッチングすると出来上がります。

 

では自己PRの冒頭で利用できる

長所の例を記載してみます。

 

・私は継続力が自慢で、一つの事をやり遂げる自信が有ります。

・私は他人の話をよく聞くので、聞き上手と言われます。

・私は気配り上手と言われます。

・私は相手の立場に立って考え、実践する事ができます。

・私は負けず嫌いな所が有ります。

・私はコツコツと地道に積み上げて行く事が出来ます。

 

このように冒頭文に自分の長所を

書いてみましょう。

 

この自分の得意とする事を冒頭に

く事により、その事がキッカケとなり

会社の望む人間像へと、結んでいきます。

 

それでは企業の求める人材は、

特別な職種を募集していない限り、

概ね下記のような人物像を求めています。

 

・明るく笑顔があり、素直に吸収してくれる人

・人当たりが良い、誰にでも好かれる人

・職場の人間関係に馴染める人

・チームワーク、共同作業ができる人

・まじめで誠実見がある人

・臨機応変に対応できる人

・当社に入社したいと言う強い意志がある人

 

まだ沢山ありますが、どの企業にも

共通する人物像です。

 

自己PRに書いた内容で採用担当者は何を判断するの?

 

 

採用担当者の望む人物像は、

あなたがどの様な性格で、過去の会社で

どの様な、知識と技能を身に着け

それを当社にどう生かそうとしているのか?

 

この事に尽きるのです!

 

前述したように自分の強みが見つかり、

会社の望む人物像が分かりました。

 

後はもう一つ、あなたの知識と技能を

利用してあなた自身の将来も含めて会社に

どのような利益を、もたらしてくれるのか。

 

つまり「会社に貢献できる人」を

採用したい!

 

では例文として、サービス業の場合、

 

・私は相手の立場に立って考え、実践する事ができます。

学生時代からアルバイトでサービス業に就いていました。

“お客様に満足してもらえるサービスとは”の追求をしてきました。

その結果“自分自身に置き換えて、自分がこのように接して

くれたらうれしいな“と思う事を実行する事が、

サービスの原点と知りました。

貴社に採用された場合、私は持ち前の

“相手の立場に立つ”をモットーに仕事に

励みたいと思います。

 

では次の例として、コールセンターの場合、

 

・私は他人の話をよく聞くので、聞き上手と言われます。

商品の説明をするコールセンターで働いている時は、

とてもクレームが多いのに驚きました。

お怒りになっているお客様は、まず自分が正当である事を、

何度も話されます。

私がクレームの処理で気が付いたのは、

客様の話を否定しないで良く聞くという事です。

ある程度話を聞いているとお客様のトーンが下がり、

その後冷静にこちらの説明を聞いてくれました。

貴社に採用された場合、私の持ち味である“聞き上手”

の強みを生かしチームワークや共同作業に従事したいと思います。

 

以上2つの例で自己PR文を作成しました。

 

企業が求めている人物像へ向かって、

あなたの長所と過去の仕事で培った

知識、技能を組み合わせてアピール

しましょう。

 

履歴書を書き終えたら提出ですが、

ビジネスマナーは守られていますか?

 

下記に応募書類の送り方と

送付状の書き方を説明します。

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

まとめ

 

以上は自己PR文を作成する要領を

記載しました。

 

企業が求めている人材は、素直で明るく、

トラブルを起こさず、チームワークの

一員として仕事を円滑に、こなしていける

人なのです。

 

自己PRでこれが正解と言うものは

ありません。

 

あなたの長所と経験は誰とも同じでは

ないからです。

 

ですからあなたが思うあなたの長所と、

過去の会社で培った知識と技能、

それだけで良いのです。

 

あまり種々の例文等を読みすぎてしまうと、

あなた本来の強みが、平易なアピール性

の無い文章となってしまいがちです。

 

あなたの言葉で、つたなくても良いのです。

 

それが一番採用担当者を納得させられます。

 

タイトルとURLをコピーしました