転職で応募書類の書き方と送付状これだけは知っておきたいコツ!?

一般職の応募に必要な書類

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

応募のための書類などは、

何回も提出する事など人生の中で、

さほど多くありません。

 

しかし、この職種に勤めたいとか、

このスキルをどうしても付けたいなど、

何度か応募書類を提出する必要性

が訪れる場合もあります。

 

あなたがどうしても勤めたい

就業先が有り、ライバルがさほど

いなければ、応募書類に特に

注意を払って悩む事はないでしょう。

 

就職により今後の人生が

大きく変わる場合も有ります。

 

少しでも条件の良い企業に

就職したいのは、誰でも同じです。

 

あなたのライバルもそのように考えて、

ネットで調べたり就活セミナーを、

受けて機会を狙っています。

 

私が窓口で一番残念と感じたことは、

書類選考の応募書類で、

不採用になる人が多いことです。

 

不採用になって悔しいと思うのは

もちろんの事、“面接にまで行ければ

何とかなるのに”と、後程訴える人が

多いのもまた事実です。

 

本当に面接まで行けば

何とかなるでしょうか?

 

万が一応募書類が不備でも書類選考を、

通り面接まで行ける場合もあります。

 

しかし面接の受け答えと応募書類が、

一致していなければ、採用担当者は、

そこで不採用とするでしょうね。

 

そこで基本中の基本である応募書類の

正しい書き方、提出の仕方を紹介します。

 

書類を提出する時は必ず送付状が必要です!封筒もこれが必須!?

 

応募書類は個人情報満載の書類です。

 

応募先の企業から漏洩されては困ります。

 

あなたは応募先企業に、

どんな個人情報を提出しましたか?

 

受け取った企業は大なり小なり、

ビジネス文書として、

あなたの応募書類を受理します。

 

と言う事は、

あなたの書類がビジネス文書として、

相手先に伝わっているのでしょうか

 

履歴書一枚だから封筒に入れて、

送れば(渡せば)いいんじゃないの!

 

と思っていたとすると、

それは大間違いです。

 

あなたは応募先企業に

失礼なことをしているのです。

 

どの様な書類でも送付(手渡し)

する場合は、内容物の確認のために

送付状(添え状)を付けます

 

郵便物を受け取るのは

採用担当者とかぎりません。

 

一般的には受付の方が受理し、

内容物を確認して採用担当者へ渡します。

 

郵便物が2~3件なら内容物を

間違える事など有りませんが、

企業に配達される書類は、

応募書類だけとは限りません。

 

たとえ履歴書一枚で有っても、

あなたにとっては大切な一枚です。

 

間違いなく採用担当者が、

読んでくれるように万全を期して、

送付状を付けて発送(手渡し)しましょう。

 

また封筒に関しても白のモノを用意して、

出来れば折らないで入る大きさの

封筒を用意します。

 

郵送の場合は、

貼る切手を間違えないようにして下さい。

 

表面には必ず赤字で目立つように

「応募書類在中」を記入しましょう。

 

裏面には自分の住所を書いておきます。

 

下記に応募書類の送り方と、

送付状の書き方を、

さらに詳しく説明したページが、

ありますので参考にして見て下さい

応募書類に送付状は必要?封筒の書き方と送り方は!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 履歴書と職務経歴書を送るのに送付状 (添え状)は、付けないよね、ましてや 履歴書一部だけなら、封筒...

 

履歴書の日付、学歴、職歴はこの書き方でアピールしよう!?

 

履歴書は一番最初に採用担当者が

目を通します

 

その後職務経歴書や自己PR文へと

進んでいきます。

 

私が窓口で履歴書を拝見する機会が、

多々あります。

 

最初に目を通した履歴書で、

各項目の内容以外に失敗している所が、

残念ながら見受けられる事があります。

 

履歴書の日付ですが、

R2年9月10日と略称はいけません。

 

下記に略号に気を付ける例を記載します。

 

名称が当時のものから変更に

なっている場合は、履歴書の欄へは

当時の名称で記載し、現在の名称が

判れば「(現・○○)」と

記載すると良いでしょう。

 

窓口では殆どの人は、

「日商簿記1級」と書いていました。

 

企業にとって正式名称と言うのは、

とても大切な事なのです。

 

仕事上相手先企業の社名を略して

「○○(株)」などど、

メール等に記載すると、

“この人は企業常識が分かっていない”

となってしまい、

取引に影響が出る場合も考えられます。

 

*良く日常で使われているために、

意識しないで記載してしまう

「〃」、「同上」、「同社」、

「同~」もいけません。

 

連絡先

・特に現住所以外で希望する人や場所が無ければ不要です。

在職者の場合ここへ現勤務先を記入してはいいけません。

 

学 歴

・学歴は入学、卒業(修了)の古い順に記載します。

高校、専門学校、短大、大学は「学部、学科、コース、専攻」を記載します。(高校は「普通科、商業科」等です)

 

・職業訓練の受講も「学歴欄」へ記入します。

・大学受験浪人中の予備校は書く必要がありません。

 

職 歴

・古い順に入社、退社(退職)と

書いていきます。

 

職務経歴書を別途添付している

のであれば、退社の時は「一身上の

都合により退社でもかまいません。

 

・職向経歴書が無い場合は、

アピール性を高めるため、

前向きな退社理由を記載する事を

お勧めします。

 

・職歴の最後には「以上」と記載します。

 

志望動機がどうしても浮かばない!じゃあ書くのを止めよう!?

 

窓口の相談で一番多いのは、

志望動機が分からない、

と言うものです。

 

志望動機とは、

応募先企業にあなたが入社したい

意欲を伝えて、就職した後のイメージ

を記載する欄です。

 

あなたが就職したイメージを持つ

と言う事は、応募先企業の魅力や特徴を、

深く理解しておかなければなりません。

 

ホームページ等で調べると業界の事や、

企業理念そして、

サービスや商品を知ることが出来ます。

 

その上で、あなたが何故この企業に

就職したいのか、他の会社では

いけないのかと言う事の答えを、

表明する欄なのです。

 

と説明すると、

とても面倒な様に聞こえてしまいます。

 

でも、あなたが数ある求人の中から

この企業を、選んだのには理由が

あるはずなのです。

 

福利厚生や給料、場所、

将来性そして自分が働くイメージが

あったはずです。

 

それを文章にすれば、

志望動機が書けるのです。

 

1あなたがこの企業を選んだ理由

2あなたの職歴から活かせる経験そしてスキル

3あなたが入社後のイメージ(実現したい事)

 

以上の3点を忘れない様にして下さい。

 

どうしても応募するまでに、

書けない時は、履歴書に志望動機欄が

無いモノを用意します。

 

以下にダウンロードできる履歴書を

紹介します。

 

この履歴書の志望動機欄を

自己PR欄に変更して、

一旦は無いモノとして履歴書を作成します。

 

しかし、必ずと言って良いほど面接で、

志望動機は聞かれます。

 

それまでには、上記の3点を踏まえて、

応募先企業の内容を調べて、

あなたのスキルとマッチング

しておきましょう。

 

無料の履歴書をハローワークのホームぺージより、ダウンロードする事が出来ます。

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/member/career_doc01.html

 

Excel版をダウンロードしてもエクセルを、

持っていない人は、

GooGleの無料表計算に、

読み込んで使用可能です。

https://www.google.com/intl/ja/sheets/about/

 

まとめ

 

窓口で多くの求職者の方に会っていると、

本当に些細な事で不採用となる場合を、

沢山見てきました。

 

特に今回紹介しました、

送付状と封筒に関しては、

あまり一般的過ぎて紹介している所が

少ないです。

 

応募先企業からは、

最低のビジネスマナーが出来ていないと、

面接するまでもないとなってしまいます。

 

履歴書の内容や職務経歴書、

自己PR文などは、

ビジネスマナーが成り立って、

その後目に触れる事になるのです。

 

難しいことでは有りません。

 

あくまでも決まりですから、

その通り記入し、

発送(手渡し)すれば

後日採用担当者から

面接の連絡が来るかも知れません。

 

タイトルとURLをコピーしました