パートの面接でハンディをつく質問の答え方とは?本当の姿を知るため!?

パートの面接の準備と心構え

 

面接の核となる質問は「自己PR」

「志望動機」「退職理由」「長所、短所」

「最後の質問」の5つです。

 

実際はこれ以外にもあなたの意表を突く、

様々な質問をされることがあります。

 

その一つは、あなたにとってはハンディ

とも言える質問です。

 

たとえば、転職が多い、ブランクが長い、

など履歴書を見てちょっと気になる点は

必ず聞かれます。

 

その事を質問されたからと言って、

委縮する必要はありません。

 

あなた自身が「転職回数が多いから不利」

「ブランクが長いからダメかな」と

言った態度を取ることがマイナスの

イメージとなってしまうのです。

 

すでに、あなたが抱えている

ハンディは変えようがありません。

 

転職の回数を少なかったことにする

わけにはいかないのです。

 

ではどうすれば良いのでしょう。

 

大切な事はあなたの持っている

ハンディを、今はどのように

捉えているかです。

 

面接官の質問は、

あなたのハンディに付け込んで、

喜んでいるのではありません。

 

あなたが自分の「ハンディ」をどう捉え、

今後はどのようにして行きたいか

と言うことを聞きたいのです。

 

パートの面接でハンディをつく質問の真意は本当の姿を知るため!?

 

 

ハンディをさらに追及質問をする場合が

ありますが、それは圧迫面接と言うもの

です。

 

実際の仕事の現場では、あなたの思い

通りに物事が進むわけではありません。

 

あなたが、お客様に嫌みを言われたり、

無理な注文をされたり、クレームを

受けたりと理不尽な状況に立たされる

こともあり得ます。

 

そんな時あなたがどんな対応を、

見せるのか、面接官があえて

嫌がるような質問をすることがあります。

 

これを圧迫面接と言います。

 

面接官の嫌みな質問に、

あなたはブスッとしたり、ムキになって

声を荒げたりしてしまうと、思うつぼ

はまってしまいます。

 

面接の途中で嫌な質問だなと思ったら、

これが例の圧迫質問かと考え、冷静に

対処しましょう。

 

圧迫質問も面接官はあなたの本音を、

見るために実施するのです。

 

一般的には面接の時は普段と違う、

着飾った姿で臨んでいると思います。

 

決められた質問ではあなたの素の部分を

知ることは中々できません。

 

そんな時あなたの本当の姿を知るために、

あらゆる質問をします。

 

あなたの意見に同調したり、あえて反対

してみたり、揺さぶりを掛けます。

 

その反応のしかたで本当の姿を探ろうと

します。

 

いずれにしても、カチンとくるような

質問にたいしてストレートに嫌な態度を

見せないことがポイントとなります。

 

まとめ

 

最近は圧迫面接もハラスメントとの

意味合いも強く、パートを募集する

企業ではほとんど見られません。

 

非礼な暴言を受けた応募者が、

怒りを持ったまま面接を

終えてしまっては、どうでしょう。

 

採用になったとしても、

その企業に対する不信感は消えません。

 

ましてや不採用になった場合は、

その企業を一生うらむことに、

なるかも知れません。

 

もし圧迫面接があった場合は、

まともな企業であれば、

面接の終わりに非礼があったことに

対して詫びをいれ、

なぜ必要だったのかを説明するでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました