転職の面接であなたの長所や短所の質問?どう答えれば印象が良い!?

転職の面接の準備と心構え

 

私は職業相談所の窓口で、

8年間皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

長所や短所を答える時には、

必ず仕事にからんだものを答えます。

 

こんな例もありますが、

 

「私は友人とグループ旅行をする時は、

必ず率先してプランを立てています。

仕事に関してもこのリーダーシップを、

生かせたら良いと思っています」

 

仕事には無関係なことなのでNGです。

 

以下の例は他人に言われたことを

長所として伝えています。

 

「以前の会社では上司に“キミはお客様

からのクレーム対して、いつも責任感を

持って笑顔で丁寧に対応しているね“

と言われました」

 

仕事に関しての長所では、

周囲の客観的な評価を盛り込むのも、

良い方法です。

 

短所に関してはあまりストレートに、

自分の悪口を言わないようにします。

 

なかなか短所が見つからない場合は。

長所の裏返しを考えて見るのも、

分かりやすくて良いでしょう。

 

このような例の場合です。

「たまに集中しすぎて、周りが見えなく

なってしまうことがあります」

 

短所では、ただ単にこれが短所ですと、

そこで終わらず「直す努力をしている

というところまで説明します。

 

下記に長所と短所の例ですが、

具体的な例をあげて表現しています。

 

「私は仕事では、どのように忙しくても、

締め切りは必ず守り、以前の会社での

仕事でも、一度も遅れたことがありません。

 

それは、締め切りに向けて、

常にスケジュールを立てる習慣が

身に付いているからだと思います。

 

短所に関しましては、その締め切りへの

厳しさを同僚にも求めてしまう点です。

 

個々人には色々な事情があるはず

ですので、そこは柔軟に対応するように

努力しています」

 

下記の例は具体例が無い場合です。

 

「長所は好奇心が旺盛なところで、

何事にも積極的で前向きに行動します」

 

これでは、長所を抽象的な言葉で、

並べているだけで、面接官を納得

させられないでしょう。

 

面接で答える長所にはどんなものがある?

 

 

あなたの仕事における長所が、

見つからない場合は下記のイメージを

参考にして見てください。

(例はハローワークの冊子より引用)

 

発見したり作り出す能力

 

・企画力(市場のニーズを分析して、

戦力を考える事を得意としています)

 

・先見力(一歩先を考え、さらに一手間

かけて仕事に取り組む事ができます)

 

他には、観察力、視野の広さ、想像力、

洞察力、情報収集力、調査能力などです。

 

理解したり、判断したりする能力

 

・理解力(与えられた課題をすばやく

理解することができます)

 

・課題認識力(何が問題なのかを考察し、

解決策を立案し実行できます)

 

他には、分析初効力、判断力、状況分析力、

情報整理力などです。

 

人や組織に関する能力

 

・交渉力(取引先との交渉における

粘り強さには自信があります)

 

・チームワーク(報告、連絡、相談して

情報を共有する事で、チームとして成果

をあげる事を学んできました)

 

他には、指導力、リーダーシップ、人材

育成力、コミュニケーション能力、規律性、

組織適応力、発信力、順応性などです。

 

表現する能力

 

・説得力(こちらの思いを伝えるには、

誠意と熱意と話のわかり易さが、大切で

ある事を学んできました)

 

・プレゼンテーション能力(多くの人の

前で、わかり説明する事が得意です)

 

他には、説明力、表現力などがあります。

 

上記の例で、あなたがこれは自分にも

あるとイメージできたものは、面接官に

説明する場合は必ずエピソードを添える

ことをお勧めします。

 

面接の長所や短所で言ってはいけないNGなことは?

 

 

NGの例は、

「長所は、一度決めた目標に対して努力

を惜しまないところです。

また、さまざまな年代の友人、知人が

多い点も長所だと思っています。

 

短所は、時々短気になってしまう

ところです」

 

このNGの例では、「目標に対する努力」

としてアピールしていますが、

具体性がないため言葉だけが、

独り歩きしています。

 

どんな目標に対してどのように、

努力したのかのエピソードを、

交えて説明しないと、

面接館の印象は良くありません。

 

また、短所に関しての表現としては、

最もNGな表現で、「短気です」と

言いきってしまっては、

仕事との関連性がありません。

 

また長所を説明する時に、

長所だからと言って自慢そうに、

上から目線での表現にならない事です。

 

さらには仕事に関係が無い「私の長所は

料理を作ることが上手なことです」

などのように、仕事にどのように

つながっていくのか、分からないのも

NGと成ります。

 

短所に関して言ってはいけない文言は、

私は人見知りです」これはどの様な

仕事をする場合でも人と接することが、

苦手ですと言っているようなものです。

 

「私の短所は飽きっぽいところです」

この答えは、面接官はあなたを

採用したら、長い間働いて欲しいと

思っています。

 

それなのに「飽きっぽい」は、

短所としては話してはいけない文言です。

 

どうしても「飽きっぽい」性格しか、

短所が無かった場合は、「種々な事に

好奇心があり、1つの事に集中できない」

と言い換える方が良いでしょう。

 

以上のように長所、短所に関しては、

仕事の内容から外れないように

返答するようにします。

 

まとめ

 

面接官があなたに長所や短所を、

言わせるのは、自分の性質を理解し、

自信や向上心を持って仕事に、

向かう事ができるか知りたいのです。

 

さらに短所を改善し、

長所を伸ばす事で、将来的には、

社内で活躍の場を広げる事が、

できると考えるからです。

 

チームの仕事であれば、欠点をお互いに

カバーする事で、より良い仕事の成果が

生まれる事もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました