転職の面接の質問で当社を志望した理由は?受かる答えの例は!?

転職の面接の準備と心構え

 

私は職業相談所の窓口で、

8年間皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

「当社を志望された理由は」この質問も

常に面接官が準備している中にあります。

 

良く勘違いされるのは、志望動機=好き

になった理由ではありません。

 

例えば、

「御社の社風が気に入って応募しました」

「多くの女性社員が活躍しているから」

「以前から御社の○○商品を愛用して

いるから」

 

上記は基本的には全てNGと成ります。

 

応募先企業が望んでいる回答は、

当社を好きになってくれることでは無く、

「あなたが当社のニーズに合っているか

どうか」を聞きたいのです。

 

そこで、志望理由を聞かれたら、

あなたがいかに企業ニーズに、

合っているかを中心に答えます。

 

では企業ニーズを踏まえるとは、

「私はこれまでこのようなスキルを

身に付け、こういう実績を積んで

きましたので、御社で生かせる・・・」

または、

「私はこれまでこういう経験を、

積んだのでそれを生かして、御社で

こういう仕事をやっていきたい

 

つまり、「御社で生かせる」とか「御社

でこういう仕事を」と言えるのは、

企業がどのような人物像を望んでいるか、

そのことを知らなければ成りません。

 

この望んでいるニーズを的確につかんで、

いないと売り込み方がズレてしまいます。

 

面接では自分ができること、やりたいことを述べるとOK!?

 

 

志望動機の質問では入社後、

「自分が出来ること、やりたいことで

会社に貢献できる」これを支える

ものとして、企業の製品の良さを

述べるのはOKです。

 

以下は異業種への転職の例です。

 

「前職では部品のメーカーで出荷計画、

在庫管理を行い、15名のパート社員の

マネージメントを任されていました。

 

パート社員の業務の細分化、標準化を

徹底し、あいまいな部分をなくすことで、

業務の効率化を上げてきました。

 

またパート社員たちの不満や要望などを、

いつでも取り入れる雰囲気を作り、

業務の改善を行い、残業の削減も達成

しました。

 

このようなマネージメント業務に

やりがいを感じてきました。

 

今後さらにもっと大きな規模の

マネージメント業務に挑戦したいと、

考えていました。

 

そんなところへ、御社の求人情報を

拝見し応募することに決めました」

 

この例では、未経験の業種へ転職する

ために、応募先企業ではどんな仕事を

するのか、どんなスキルが求められて、

いるのか分かりにくい場合があります。

 

しかし、最初から今までと違う業種

だから、違う業界だからと言う事で、

良く分からないと結論づけないように

しましょう。

 

応募先企業の求人情報や、ホームページ

などから、企業のニーズをとらえる努力

をして見ます。

 

必ずあなたにマッチした部分が

見つかるはずです。

 

面接の志望動機の質問でこんな答えはNGな例は!?

 

以下はNGの例を紹介します。

 

応募するあなたとしては、どうしても

企業の安定性や将来性は必須ですよね。

 

「御社は創業80年で、現在もなお、

新たな事業開発に取り組んでいます。

 

私はその安定性と将来性に強くひかれ

ました」

 

これでは、会社への依存度が高すぎて、

あなたの望みが見えません。

 

次は良くあるのですが、興味の方向が

少し違う例として紹介します。

 

「御社の○○商品はとても気に入って、

長年愛用させてもらっています。

 

他社製品とは違い、健康、環境の面に

配慮しているところがスゴイと思います。

 

今後は、消費者としてではなく、

供給する側の製造者として関わりたい

と思い志望しました」

 

まず第一には、「商品が好きだ」と言う

理由はあなたとっては、何のアピール

にもなりません。

 

この場合は、「商品を愛しているあなた

だからできること」を追加して語ること

が必要です。

 

そのためには企業のニーズが、

どこにあるのかを探ることが大切です。

 

まとめ

 

志望動機は履歴書や職務経歴書でも

記載している場合が多いと思います。

 

そのため万が一のために、

一字一句を暗記する人もいます。

 

一般的に志望動機に答える時間は、

2~3分位と言われています。

 

この時間だと原稿用紙で2~3枚程度、

職務経歴書にはそんなに長い文章を、

書かないので、その内容に肉付けする

事になるでしょう。

 

志望動機の以前の質問で面接官が、

暗記しているようだと判断した場合、

「簡潔に」とか「1分以内で」などと、

指定があるとパニックになってしまいます。

 

同じ暗記をするのであれば、

「あなたのスキルの説明」

「あなたの強みのエピソード」

「あなたが入社後やりたい事」

を文章としてして覚えておきます。

 

このようにポイントを押さえておけば、

どの様な順番で質問されても、

動じることなく返答できます。

 

タイトルとURLをコピーしました