転職の面接でアピールポイントにエピソード添えて説明する事とは?

転職の面接の準備と心構え

 

私は職業相談所の窓口で、

8年間皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

面接官に「あなたのアピールポイントを

お願いします」と言われた時、

「私はチームのマネージメントが、

得意です」

と答えて終わりではないのです。

 

あなたの得意なアピールポイントは、

分かりましたが、

その事が仕事にどのように関係して、

いるのかを説明しなければ、

アピールにはなりません。

 

「得意なマネージメント」を、

面接官に理解してもらうために、

エピソードを見つけて説明します。

 

私が窓口で相談を受けていた時に、

女性の方でイベントのプロジェクトの

リーダーをしている人がいました。

 

その方のアピールポイントが、

「私はチームのマネージメントが、

得意です」だったのです。

 

自分なりにアピールポイントを見つけ、

その事を言葉にして表現しようと、

努力していました。

 

アピールポイントとその結果である、

「イベントの稼働率が上がった」と言う、

成果だけを説明してくれました。

 

話を聞いている私には、「なぜ成果が

上がったのか」の具体的なイメージが

浮かんでこないのです。

 

その説明に大切なのは、

他人に理解してもらう、

分かり易いエピソードが必要なのです。

 

語っている当人としては、

「自分のマネージメント力が、

すぐれていたため成果が上がった」と

言いたいようなのです。

 

そこで、具体的な仕事の内容などを、

説明してもらいました。

 

彼女はリーダーとして、

各サブリーダーからの報告を受けて、

イベントを行っていた時は、

全体像が見えなかったと言っていました。

 

そのために、

日程がつまっている時は、

かなり無理な作業を部下に、

強いたそうです。

 

いつも、余裕がなくギリギリの仕事、

だったらしいのです。

 

こんな状態では、いつトラブルに、

見舞われるかわからないと不安になり、

チームのメンバー個々人に声掛けを、

したと言います。

 

チョットした仕事の合間や昼食の時など、

「今どんな事をしているの」

「悩んでいることは無い」など

一人ひとりに関心を示す事で、

お互いがスムーズになったそうです。

 

この、ひと声掛けは仕事が押されて、

イライラしている時などにも効果があり、

潤滑油のような役割を果たしました。

 

面接では必ず具体的なエピソードで語る必要性とは?

 

 

前述しましたが、

なぜ、わざわざエピソードなど添えて、

説明しなければならないのでしょう。

 

あなたは面接でアピールポイントを、

説明する時に自分の働いている姿を、

表現する必要があります。

 

面接官にイメージさせなければ、

当社ではどのように働いてくれるのか、

「私は・・・が得意です」だけでは、

その姿が見えてきません。

 

先の例で、

「個々人に対して時間の許す限り、

こまめに声を掛け、悩みなどのメンタル、

のフォローにも気を使いました。

その結果チーム一丸となって、

稼働率を上げる事が出来ました」

 

このように具体的なエピソードが入ると、

説明に厚みが出来て、

聞いている面接官にもイメージが伝わり、

好印象を与えることが出来ます。

 

エピソードは特別な例である必要は、

ありません。

 

例えば以下の例のように、

短期間のアルバイトの中にもあります。

 

「私は、12時間労働を続けても、

体力に余裕があります。

イベントのスタッフのアルバイトを

していた時は、会場設営などの力仕事、

顧客誘導、安全管理などの頭脳労働、

さらに数十種類のグッズの販売などに、

取り組みました。

気が付くと12時間通しで働いて、

いました。

そのため体力や集中力には、

自信があります。

御社の仕事も全力で頑張ります」

 

12時間労働は感心した事では、

ありませんが、どの様な職種の仕事でも、

自分がアピールできる部分はあります。

 

具体的なエピソードを添える事で、

その人の人間性がイメージできるので、

とても大切な事です。

 

あなたもアピールポイントを、

説明する時にはエピソードを添えて

見てください。

 

面接官の表情が変わりますよ。

 

さあ、あなたのアピールポイントの

準備が出来ましたら、

次はあなたの将来のビジョンは?

転職の面接で転職の目的はと聞かれた時は?将来のビジョンを語る!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 あなたが転職する目的は何ですか? 目的がハッキリしていれば面接に 自信が持てるものです。 ...

 

さらに、応募する企業はどんな

人物像を求めているのでしょう。

転職の面接で企業はどんな人を求めている?求められる人物像とは!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 いくらあなたが優秀な人材であっても、 応募先企業が求めている人材でなければ、 無駄な努力に終わって...

 

まとめ

 

アピールポイントのエピソードに、

どうしてもすごい体験を、

求めてしまいがちです。

 

しかし、日常の生活の中で、

そんなにすごい事なんて起きる事が、

あるはずないのです。

 

面接官はすごい体験を聞きたいため、

あなたにアピールポイントを、

質問しいるのではないのです。

 

面接官は仕事に役立つあなたの

「行動特性、熱意、考え方」

知りたいだけなのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました