転職の面接に通る人と通らない人は何が違う?そもそも面接とは?!?

転職の面接の準備と心構え

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

面接に通る人と通らない人で、

一次面接はいつも通るが最終面接で、

落ちてしまう。

 

企業では面接をすることで、

何を知ろうとしているのでしょうか。

 

中途採用者の場合は即戦力、

求めるポジションが決まっているため、

その場所でこういう仕事をしてくれる人

 

企業側は書類選考で、「この人物なら

応募しているポジションの期待に、

答えてくれるのではないか」と、

面接に呼びます。

 

ですから、

面接ではあなたが応募のポジションに、

どの程度期待に答えてくれて、

後々会社の利益に貢献してくれるか

 

さらに、

採用担当者が面接で知ろうとすることは、

あなたの人間性です。

 

どんな仕事も人と人のやり取りで、

成り立っています。

 

あなたが経験豊かで、

どれほどの資格があっても、

人間性が悪いと信頼関係が成り立ちません。

 

面接に通る人は、

企業のニーズに合っている人で、

さらに人間性となる「人となり」も

魅力ある人なのです。

 

中途採用の面接で通る人はどんな人?通らない人は何が必要!?

 

 

企業の採用担当者は、あなたの本当の

姿を知りたいと思っています。

 

面接にのぞんでいる「着飾った姿」や

「取り繕った姿」ではなく、

実際に現場で働く時はどんな働き方を、

してくれる人なのか。

 

面接に通る人は「本当の自分の姿」を

出せた人になります。

 

そして通らなかった人は「最後まで

自分を出せなかった」ということです。

 

では、「自分らしさ」「本当の自分の姿」

はどのようにすれば、採用担当者に

伝えられるのでしょうか。

 

面接において自分をアピールする時に、

具体的な内容を伝えるようにします。

 

例えば自分のアピールポイントとして。

「正確な書類を作ることができる」

これをアピールする場合。

 

仕事のやり方には、

人それぞれの個性があります。

 

そのようなあなたにしかない、

仕事の個性を具体なエピソード共に

話すと「自分らしさ」を訴える事が

できるのです。

 

また。面接では口にしてはいけないNG

ワードもあります。

 

例えば、一番多い質問で「前職を退社

した理由は」の問いに、以前の会社や

同僚の不平や不満は禁物です。

 

どんなネガティブな状態で退社しても、

無理してポジティブな表現にすることを、

勧められると思います。

 

しかし、実際の面接では面接官が、

「本当にそれだけの理由なの」と

聞いてくることがあります。

 

そんな時、面接官は本音を言って、

欲しいと思って投げかけている場合が

あります。

 

それでも、ひたすらポジティブな表現を

貫き通すのではなく、あまり重たくない

本音をチラッと見せるのもありです。

 

この場合、

気を付けなければいけないのは、

面接官にのせられて、

エスカレートしてしまい、

悪口にならないように注意します。

 

なんでもポジティブな表現をするあまり、

本音を隠そうとすると、

本来のあなたが伝わらなくなります。

 

あなたは他人に態度やクセを、

指摘されたことはありませんか?

 

面接の時にはこんな態度にも、

注意しましょう。

転職の面接で注意すべき態度やしぐさとは?チェックポイントは!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 面接が始まるとあなたの言動の全てが、 面接官の目にさらされます。 面接官からの質問に、 ...

 

 

転職の面接では中途採用者に何が問われているの?

 

 

面接の場で中途採用者がなすべき、

第一は「自身をアピールすること」と

前述しました。

 

アピールとは、あなたがどれだけ、

企業が求めている人物に近いかを、

説明説得することです。

 

応募先の求めている人物像が、

マネージメント力のある人だとすると、

あなたは全力で「私にはマネージメント

能力があります」と訴えることです。

 

さらにもう一つ、

面接では企業側が一方的に、

人を選ぶと思うかも知れません。

 

しかし、あなたが企業を選ぶ場でも、

あります。

 

お互いの商談の場である、

と言っても良いのです、相手の企業に

「あなた自身を売るのにふさわしいか」

を判断し、企業側も「買って良い人物か」

を判断します。

 

ですから、中途採用と言っても一方的に、

あなたが卑屈になって「雇ってもらう」

という姿勢だけで臨む必要はありません。

 

面接で9割が第一印象で判断されると

言われています。

 

下記に第一印象を良くする方法を、

記載したページがありますので、

参照して見てください。

転職の面接で中途採用の場合の流れは!9割は第一印象で決まる!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 中途採用の面接はどのような流れで、 実施されるのでしょうか。 一般的には、 「書類選...

 

まとめ

 

いくら面接を繰り返しても落ちてしまう。

 

自分にはどこか欠陥があるのではないか、

そんな風に悩んでしまう事があります。

 

そんな時、あなたは前職を退社した事を、

引きずっていませんか。

 

転職する事が、

あなたのキャリアアップになると、

考えて見てはどうでしょうか。

 

いつまでも「あの上司がいたから自分の

人生が狂ってしまった」と思わず、

これからは「あのような上司がいても

自分なりの仕事ができる」ようになる。

 

あなたは自分の意志で職探しをして、

自分の責任で人生を切り開いて行く

と考えて転職に望んではどうでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました