転職の面接で転職の目的はと聞かれた時は?将来のビジョンを語る!?

転職の面接の準備と心構え

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

あなたが転職する目的は何ですか?

 

目的がハッキリしていれば面接に

自信が持てるものです。

 

退社した理由は、この際おいておきます。

 

あなたは、どんな職場でどんな仕事を、

やりたいのですか?

 

今回応募した企業への転職で、

自分は何を達成させたいのかを、

考えてみます。

 

このことをハッキリさせておくと、

面接の「どうして転職をする気になった

のですか?」の質問にブレないで、

答えられます。

 

転職の目的を決める事は、

あなたの転職活動の軸と成ります。

 

「自分はこのことをめざして転職活動を

している」

「自分はこうなりたいから転職活動を

いている」

等のようにただ求人情報を漠然と

見ているのでは無く、目的を見据えての

活動ができます。

 

退社後直ぐはどうしても働かなければ、

と言う意思が強すぎて、

「とりあえず、どこの会社でも

転職できれば良い」と思いがちです。

 

自暴自棄的な転職活動は、

採用されたとしても、

あなたにとっても、企業にとっても、

不幸になりかねません。

 

あなたは、転職自体が

目的となってしまっていませんか。

 

転職の目的は自分のやりたい仕事内容と会社の条件で考える!

 

 

前職の退社を繰り返さないためにも、

「もっと給料が高い企業で働きたい」

「もっと自分にとってやりがいのある

仕事をしたい」など、

転職の目的は人それぞれにあります

 

あなたの転職の目的を、

ハッキリさせるために分類して、

考えてみましょう。

 

一つには、仕事そのものの内容です。

 

二つには、企業の条件です。

 

一つ目の仕事とは、

あなたが応募先企業でどんな仕事を、

したいのか」また、

「3年先、さらには5年先に自分は、

どうなりたいのか」

 

あなたが5年後を考えた、

自分のなりたい姿は、

もちろん企業に必要とされ続けなければ、

なりません。

 

そのためには、「あなたはどんな力を

身に付ければ良いのか

将来のビジョンを、

ハッキリさせる事が大切です。

 

二つ目の企業の条件とは、

給料、勤務先、勤務時間、社風、

福利厚生などです。

 

一般的には転職の目的はこの条件を、

最初に考えがちですが、

これだけを目的にしてしまうと、

上手くいかないことが多いのです。

 

企業は、主体的に前向きに仕事に取組み、

目標を持ってくれる人を求めています。

 

転職で自分のやりたい仕事のみつけ方とは?

 

 

あなたが、

将来はこんな風になりたいために

転職する。

 

将来像を描く事は空想ではいけません。

 

今の自分から成長する姿を、

探し出さなくてはなりません。

 

このことは案外難しい事なのです。

 

探し出す方法としては、

これまでの働いてきた中で、

自分がイキイキしていた瞬間

思い出します。

 

また、達成感を得た瞬間、

ワクワクした瞬間などを思い出します。

 

顧客とコミュニメーションを

取っている時。

 

チームの一員として

仕事がスムーズに流れる段取りをする時。

 

目標としている売上を達成した時。

 

あなたが過去の経験の中でどんな時が、

一番輝いていたと思いますか。

 

その中に今後、自分が取るべき

「どんな仕事をしたいか」となる

ヒントが多く埋まっているのです。

 

あなたの将来のビジョンが、

決まりましたら、アピールポイントを、

探しましょう。

 

転職の面接であなたのアピールポイントは?どうやって探す!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 あなたは今までの仕事の中で、 どのように業務に取り組んできたか、 またどのような工夫をしてきましたか。 ...

 

さらに、企業の求める人物像は、

 

転職の面接で企業はどんな人を求めている?求められる人物像とは!?
私は職業相談所の窓口で8年間、 求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、 ともに解決してきました。 いくらあなたが優秀な人材であっても、 応募先企業が求めている人材でなければ、 無駄な努力に終わって...

 

まとめ

 

面接では将来のビジョンを聞かれる事が、

意外と多いようです。

 

企業はせっかく採用した人が、

将来的に長く会社に貢献して、

欲しいと願っています。

 

そのため転職先で、50代、60代に

なっても必要とされ続けるためには、

ビジョンが必要と成るのです。

 

タイトルとURLをコピーしました