パートの面接の質問で自己PRをと言われ、印象の良い答え方は?

パートの面接の準備と心構え

 

私は職業相談所の窓口で8年間、

求職者の皆さんの種々な質問や疑問を、

ともに解決してきました。

 

面接で「自己PRをお願いします。」

と質問された場合面接官は、

どんな答えを想定しているのでしょう。

 

面接官があなたに望むものは、

一つ目は人柄、二つ目に働く意欲、

そして三つ目は仕事に活かせるスキル、

となります。

 

一つ目の人柄は、

どんな人物かと言う事です。

履歴書だけでは判断できない、

あなたの「能力」「長所」「強み」を

語ってもらい、誠実で信用できる人物か、

を判断します。

 

二つ目の働く意欲は、

当社で長く働いてくれるかどうか、

あなたに是非働きたいと言う熱意が、

あるかを判断します。

 

三つ目は仕事に活かせるスキルは

応募先企業の職種に必要なスキルを、

あなたは持っているか。

 

未経験で新しい職種へチャレンジする

場合もありますが、

その時はあなたの活かせる「強み」を、

見付けてアピールします。

 

面接での自己PRは自分の強みを職種に合わせてアピール!?

 

 

企業がパートの求人を出す時は、

必ずと言っていいほど即戦力が、

必要な時です。

 

学生の就活のように何年もかけて、

教育してはいられないのです。

 

応募先企業の職種に少しでも経験が

ある場合は自己PRでしっかり、

アピールします。

 

あなたが今までに色々な職種で、

経験があったとしても、

複数の経験の話をするのではなく、

応募職種に合わせた経験に絞り

アピールします。

 

事務職を経験した場合の例

 

「結婚後、2年間一般事務を行って、

いましたので表計算やワープロの

基本的な知識は身に付きました。

子供ができて退職後も保育園の資料や、

町内会の婦人部の役員をしてイベントの

パンフレットも制作していました。

社内資料作成やデータ集計など得意です。

ブランクもありませんので、

すぐにお役に立てると思います。」

 

以前は仕事でエクセルやワード等を、

使用して作業していても、

退職後のブランクは採用担当者の

印象は良くありません。

 

そこで、町内会でも子供の行事でも、

なんでもかまいません、場合によっては

ブログでも良いと思います。

 

PC操作を日常でも使用している事を、

アピールするだけで、デリートって何?

と聞かれないで済むので採用担当者は、

即戦力になるかも知れないと思います。

 

販売職を経験した場合の例

 

「結婚前に3年ほど衣料品店で、

パートの販売員をしていました。

商品の仕入れや顧客管理、さらに接客

や店舗運営に関しても一通り学びました。

ブランクはありますが、接客は好きです。

なるべく早く仕事のペースを取り戻して、

お役に立ちたいと思います。」

 

この例ではブランクはあるが、

接客は好きであることを説明し、

早く以前の仕事のペースを取り戻して、

復帰したいと説明する事で、

採用担当者に意欲をアピールしています。

 

経験は無いが製造業へ応募する場合

 

「小学校の頃から一つの事を粘り強く、

集中してやることが好きでした。

趣味ではベッドやソファなど大物の

カバーをパッチワークで作成しています。

忍耐強さには自信があります。

この性格を利用して御社の仕事に、

活かせればと思い応募しました。」

 

応募職種にマッチングする経験が、

無い場合は自分の日頃の「強み」を、

活用してアピールします。

 

採用担当者は経験が無くとも、

「このような性格の人であれば、

当社の仕事にピッタリだ」と

思ってくれるしょう。

 

まとめ

 

面接の自己PRで必要な

アピールポイントを見つける方法は、

第三者から「ほめられた言葉」が、

一番わかりやすいと思います。

 

過去の仕事や仲間内での会話の中で、

「ほめられた言葉」を思い出して、

見てください。

 

例えば、

「君はどんな仕事もコツコツと、

取り組んでくれるね」とか、

 

「○○さんは、いつもニコニコして、

気持ちが良いね」

 

など、普段の会話の中に、

あなたの「強み」が潜んでいるのです。

 

さらにその時のエピソードも添えると、

分かりやすく、したしみやすい、

自己PRができ上がりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました